愛眼が新型コロナウイルス感染症対策支援として、大阪市に保護メガネ2000個を寄付

メガネ・補聴器を販売する「メガネのアイガン」「Aigan」を運営している愛眼株式会社(本社:大阪市天王寺区、代表取締役社長:下條 三千夫)は、新型コロナウイルス感染症対策支援として、保護メガネ2,000個を大阪市に寄付いたしました。

■公式サイト
 http://www.aigan.co.jp/

愛眼では、花粉・ウイルス対策として保護ゴーグルを取り扱っています。
社会福祉事業者の人達への支援活動の一環として、この度、大阪市へゴーグル2,000個の寄付が行われました。
「飛沫感染予防を行うことで、コロナ禍においても、安心して働くことができる環境づくりの一助となれば」と、同社では今回の寄付に対する思いをコメントしています。

今後も同社では、地域社会が抱える問題を積極的に地域と一体となり解決し、「お客様の暮らしを、より快適に、より豊かにする企業」となることを目指していくとしています。

 

■会社概要
▽商号: 愛眼株式会社
▽代表者: 代表取締役社長 下條 三千夫
▽所在地: 〒543-0052 大阪府大阪市天王寺区大道4丁目9番12号
▽設立: 1961年1月11日
▽事業内容: 愛眼グループは、眼鏡・サングラス・補聴器その他関連商品を取り扱う眼鏡専門店チェーンを展開しています
▽資本金: 5,478百万円
▽URL : http://www.aigan.co.jp/