ジンズがオンラインショップ限定で、テレワークを応援するJINS SCREENオプションレンズ ¥0キャンペーン大好評実施中!

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁)は、JINSオンラインショップ限定で「テレワーク応援 JINS SCREEN オプションレンズ ¥0キャンペーン」を好評実施中です。
またこれに合わせて同社では、この「テレワーク応援 JINS SCREEN オプションレンズ ¥0キャンペーン」のTVCMを、2020年5月23日(土)からオンエアしています。

■「JINS SCREEN」オプションレンズが「+0円」になるキャンペーン
ディスプレイから発せられるブルーライトをカットする機能性アイウエア「JINS SCREEN(ジンズ スクリーン)」は、2011年の発売以降、現在では累計販売本数1,100万本を突破しています。(※2020年1月末時点)
現在JINSでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため出社・登校を自粛し、テレワークやオンライン学習に励む人達が快適に過ごすことができるように、JINSオンラインショップ限定で「JINS SCREEN」のオプションレンズを+0円(通常は+5,000円)で装着できるキャンペーンを実施しています。

 

【「テレワーク応援 JINS SCREEN オプションレンズ ¥0キャンペーン」概要】
▽実施期間:2020年4月9日(木)~7月末まで
▽内容:期間中「JINSオンラインショップ」にて、好きなメガネフレームとブルーライトカットレンズ「JINS SCREEN」のセット購入で、「オプションレンズ代」を「+0円」で提供。
※通常は+5,000円(+税)

■詳細は公式サイト内特設コンテンツ参照
 https://www.jins.com/jp/campaign/telework/

 

■「巣ごもり」をポップな世界観で表現したTVCMオンエア開始
そして、ブルーライトに接する機会が増えた多くのユーザーにこのキャンペーンを知ってもらい、ブルーライトから目を守ることができるよう、TVCMの放映を決定。
CMでは「巣ごもり」の日常風景を、イラストレーターの海道健太(かいどうけんた)氏によるカラフルでポップなイラストで表現。
テンポのよいアニメーションにより、こんな時だからこそ明るい雰囲気を絶やさず、コミカルで楽しいCMに仕上げています。

■アイウエアを選びやすい工夫が沢山の「JINSオンラインショップ」
JINSでは2007年にメガネのオンラインショップを開始しています。
以降、「ネットでメガネを買いにくい」という課題を解決するために、メガネの「バーチャル試着」や、メガネの似合い度をAIが判定する「JINS BRAIN」機能など、業界に先がけ先進的なサービスを開発してきました。
現在では3,000種類以上ものアイウエアを取り揃え、30日返品無料など、オンラインショップを試しやすいサービスを導入しています。

 

■TVCM概要
▽放送期間:2020年5月23日(土)~5月31日(日)
▽CM秒数:15秒
▽放送エリア:全国 ※一部地域を除く
公式サイト(https://www.jins.com/jp/campaign/telework/)およびYouTube(https://youtu.be/vJv_0Mj6Ncw)にてCM本篇を同時配信中

 

■CMストーリーボード『ジンズオンラインショップ(CP告知)篇』

NA≫
JINSなら、自宅で簡単にメガネが買える。さらに30日返品無料。しかも今ならブルーライトカットレンズがお得に。メガネも、ネットで。JINS

 

【イラストレーター プロフィール】
■海道健太(かいどう けんた)

愛知県名古屋市出身。
名古屋造形大学 造形学科デザイン学部 視覚伝達デザインコース卒業。
名古屋を中心に主に展示活動を開始、2014年拠点を東京へ。
2015年よりイラストレーターとしての実績を重ね、書籍、雑誌をはじめ、広告・WEB・映像等幅広い媒体でイラストレーションを提供。

 

JINS SCREENとは】
2011年にJINSが世界で初めて(JINS調べ)発売した、ディスプレイから発せられるブルーライトをカットするアイウエアです。
現在は手軽な「度なしパッケージタイプ」と、お好きなフレームに装着できる「オプションレンズ」を展開中。
全て、ギラつきや反射を抑え、自然な見た目を実現した高品質レンズを採用しています。

ブルーライトカット率
オプションレンズは、使用シーンに合わせた3タイプ展開(25%CUT/40%CUT/60%CUT)
※ブルーライトカット率はブランド毎の採用規格によって異なります。
※JINS SCREENは、日本のJIS規格と同様のEN規格(欧州統一規格)を採用しています。
※この規格の計算式は、広く世界で使用されています。