眼鏡作製技能検定「第1回実技試験」は、全国7会場で774人が受検

公益社団法人 日本眼鏡技術者協会(木方伸一郎会長)は、メガネ技術者の初めての国家検定となる「2022年度 眼鏡作製職種 技能検定」について、学科試験の合格者を対象とした「第1回実技試験」の受検申込みの受付を6月1日から6月30日まで実施し、2022年7月7日にその申込み者数を発表しました。

「2022年度 眼鏡作製職種 技能検定試験 第1回実技試験」の申込み者数は以下のとおりとなっています。

■受検申込み者数
 ▽総数:774人(男性:81%、女性:19%)
 ▽1級:75人(男性65人、女性:10人)
 ▽2級:699人(男性:559人、女性:140人)
(ちなみに4月20日の学科試験合格者数は、797人(1級76人、2級721人)だった)

■会場別申込み者数
 ▽札幌会場
  1級:0人
  2級:15人
  総数:15人

 ▽仙台会場
  1級:3人
  2級:60人
  総数:63人

 ▽東京会場
  1級:42人
  2級:721人
  総数:763人

 ▽名古屋会場
  1級:12人
  2級: 54人
  総数:66人

 ▽大阪会場
  1級:8人
  2級:134人
  総数:142人

 ▽岡山会場
  1級:5人
  2級:56人
  総数:61人

 ▽福岡会場
  1級:5人
  2級:87人
  総数:92人

 
実技試験は、2022年7月24日の仙台会場を皮切りに、8月22日まで全国7会場で開催されます。
試験の内容については、公式サイト(https://www.megane-joa.net/)に文書と動画で掲載中です。

なお合格発表は、2022年11月16日となります。

■眼鏡作製技能検定 公式サイト
 https://www.megane-joa.jp/