THE EYESのSDGs活動 ~6月号から環境に優しい印刷インキに変わります~

みなさまこんにちは。
THE EYES編集長の小倉です。

今週の水曜日は、THE EYES 6月号の発行日となりますが、今回の6月号からTHE EYESの印刷に使用される印刷インキが人にも環境にも優しい「Non-VOCインキ」にかわります。

印刷工程において、印刷された後にインキの中に含まれる石油系溶剤から発生したVOC(揮発性有機化合物)は水とCO2に分解され、大気に放出されることになります。
このVOC(揮発性有機化合物)は光化学スモッグなど大気汚染の原因となってましまいす。

 

THE EYESではこれまでも「ベジタブルインキ」という植物油や廃食用油を配合した環境対応型インキを使用してきました。
しかしながらこのベジタブルインキでは、まだ少量のVOCが発生してしまうという問題がありました。

そこで印刷業界ではVOCの量を減らすことを目指して、石油系溶剤をほぼゼロにした「Non-VOCインキ」を開発し、環境負荷低減のためにこの「Non-VOCインキ」の使用を推奨しています。


そこで弊社でも持続可能な社会の実現を目指した活動に協力すべく、今回発行するTHE EYES 6月号から「Non-VOCインキ」を採用することとなりました。

THE EYES 6月号の表紙左下に、上記の「Non-VOCインキマーク」が入っています。

ちなみにNon-VOCインキによるSDGsの目標への対応項目は、3番、6番、8番、9番、11番、12番、13番、15番だそうで、たった一つのことを変えただけで予想以上に多くの項目に対応できることに少々驚いいます(苦笑)。

Non-VOCインキによるSDGsの目標への対応項目

現在の社会情勢では、企業におけるSDGsへの取り組みは企業が行っている活動に対して信頼を得るための指針の一つでもあるため、弊社でもできる事から取り組んでいきたいと考えています。

今後も眼鏡業界の発展と、持続可能な社会の実現を目指して活動してまいりますので、THE EYESへのご協力をよろしくお願いいたします。