JINSが創業の地・群馬県前橋市に、サステナビリティ推進を体現した新店舗「JINS前橋小島田店」を 1月14日にオープン

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁)は、同社の創業の地である群馬県前橋市に、環境への配慮や地域との新たな関係構築といった同社のサステナビリティ推進を体現した新しいロードサイド型店舗「JINS前橋小島田店」を、2022年1月14日(金)にオープンさせます。

同社は、2001年にアイウエア事業に参入して以来、それまでの常識を打ち破る価格体系や高いデザイン性、視力矯正以外の付加価値を持たせた商品開発など、新しい価値をメガネに提供することで成長を続けてきました。
昨年には、企業として持続可能な社会を実現する取り組みをより一層推進していくため、サステナビリティ共通ビジョンや、具体的なサステナビリティの目標を策定。
地域共生を目指した新施設「JINS PARK」のオープンや、循環型アイウエアの開発など様々な取り組みを推進しています。

そして今回オープンする「JINS前橋小島田店」は、環境への配慮や地域との新たな関係構築といったサステナビリティ推進の先駆けとなることを目指して店舗づくりが行われています。
店舗の屋根にはJINS店舗としては初めて太陽光パネルを設置。
店舗で使用する電力の約70%を太陽光発電で供給できることを想定しており、温室効果ガス排出削減に取り組んでいます。
また、店舗の建築方式には木造を採用。
木に囲まれた店内空間は来店客にぬくもりを伝えることにも繋がっており、敷地内には様々な種類の植物を植え、回遊性の高い公園のような造りに仕上げています。

■群馬県出身のアーティスト・尾花賢一氏の作品が地域とのつながりを創出

同社では店内空間を設計するにあたり、地元群馬県出身で群馬の空っ風から着想を得た作品「風男(かぜおとこ)」などを手掛けているアーティスト・尾花賢一(おばなけんいち)氏に空間演出を依頼しています。
店舗がある地域は、まさに群馬の空っ風を感じることができる場所。
エントランスに配された彫刻「風男」にはじまり、店内壁面には「風男」のドローイングが随所に描かれ、それらを見る体験を通じて地域の人たちが前橋という土地の特色を感じられる空間を作り上げています。

また新たな取り組みとして、群馬県内で農業経営を行っているJINSの関連会社「JINS norma」で栽培した様々な野菜の無人販売も行われます。
地元で育った野菜を通じて、地域のお客と新たな関係を築き上げることを目指しているとのことです。

同社では、今後の店舗運営において太陽光パネルの新設のほか、再生可能エネルギーの購入など様々な方法の採用を検討しているとのこと。
これからも地域と共生し、社会や環境に価値を還元できる店舗を創出することで、より豊かな社会の実現を目指していくとしています。

エントランスでは「風男」の彫刻がお客様をお出迎え。
店内の壁面には尾花氏が手掛けた「風男」のドローイングが随所に

なお「JINS前橋小島田店」では、商品を購入したお客を対象として、数量限定でオープン記念特製メガネ拭きのプレゼントを実施予定とのことです。
※お一人様1枚限り、無くなり次第終了

オープン記念特製メガネ拭き

■店舗概要
▽店舗名:JINS前橋小島田店
▽オープン日:2022年1月14日(金)
▽営業時間:10:00-20:00
▽所在地:〒379-2162 群馬県前橋市小島田町169-1
▽電話番号:027-212-5320
▽展開本数:約1,100本
▽店舗面積:57.43坪
▽駐車台数:約200台 ※近隣テナントと共有

■尾花賢一氏プロフィール

1981年群馬県太田市生まれ。
2006年筑波大学芸術研究科洋画専攻修了。
人々の営みや、伝承、土地の風景や歴史から生成したドローイングや彫刻を制作。
虚構と現実を往来しながら物語を体感していく作品を探求している。

近年の主な展示に「200年をたがやす」秋田市文化創造館(2021年、秋田)、「奥能登国際芸術祭2020+」石川県珠洲市(2021年、石川)、「VOCA2021」上野の森美術館(2021年、東京)、「表現の生態系」アーツ前橋(2019年、群馬)など。
また、受賞歴としてVOCA賞(2021)、Tokyo Midtown Award 2015 優秀賞(2015)、LUMIN meets ART AWARD準グランプリ受賞(2014)など。
▽作家ウェブサイト http://www.kenichi-obana.com/

尾花賢一氏