年に一度のメガネの祭典 大盛況のうちに閉幕

コロナ禍を乗り越え、眼鏡業界のさらなる発展を

202年10月18日(月)~20日(水)まで、日本最大(*1)のメガネの展示会「国際メガネ展 IOFT2021」(主催:RX Japan株式会社/一般社団法人 福井県眼鏡協会)が東京ビッグサイトで開催されました。

緊急事態宣言の解除を受け、活気あふれる会場となった今年のIOFT。
参加者全員の体温測定・消毒、マスク着用を徹底するなど、政府・自治体のガイドラインを遵守し、開催ににあたっては徹底したコロナ対策が講じられていました。
全国のメガネ店、アパレルショップ、百貨店などから多くのバイヤー、企画担当者が最新のアイウェア、サングラスを求めて来場。
多くの来場者は、会場に展示された製品やサービスを実物を手に取り、比較・検討しながら、出展していた250社(*2)のメガネ・レンズメーカーと真剣な商談を行う姿が見られました。

*1 同種の展示会との出展社数、製品展示面積の比較
*2 予定数

各種イベントも盛況

展示会と同時開催で行われた『IOFTセミナー』。
その特別講演では、ミラノのMIDO展で2度にわたりBESTORE AWARDを受賞したグローブスペックスの岡田代表が店舗づくりについて講演。
また、富士メガネの金井会長が登壇し、同社が取組むSDGsの活動について講演するなど、眼鏡業界の今後の成長を示唆するセミナーが連日開催されました。

また、会期初日に行われた『第25回 日本メガネ大賞2022』では、5部門の大賞受賞製品の中からグランプリが発表され、会場は受賞者の喜びの声と参加者からの祝福の拍手で包まれました。
グランプリを含む大賞受賞製品は、開催期間中は会場内で特別展示が行われ、多くの来場者やメディアがその前で足を止めていました。

  

次回は2022年10月18日(火)~20日(木)に 東京ビッグサイトにて開催

大盛況のうちに幕を閉じたIOFT2021。
出展社、来場者からは 「普段はオンラインが多いが、IOFTではデザイナーと直接相談ができた(眼鏡店 店長)」、「新しい商品、機能を見つけるために参加している(眼鏡店 バイヤー)」といった声が出展企業や主催者に寄せられており、展示会というリアルビジネスの場を皮切りに、コロナ禍を乗り越えたいという思い、そしてその先の成長への期待を感じさせられた3日間となった。

来年に開催される「第35回 国際メガネ展 IOFT2022」は、2022年10月18日(火)~ 20日(木)までの3日間の日程で、会場は今回と同じ東京ビッグサイトでの開催が決定しています。
出展社からはすでに多くのブース予約が入っているとのことで、来年の開催への期待が表れています。

  

  

■お問い合わせ先
▽IOFT 事務局
▽RX Japan株式会社(旧: リード エグジビション ジャパン)
▽TEL:03-3349-8508
▽WEB: https://www.ioft.jp/