新型コロナウイルスの感染拡大による影響で「CP+2020」の開催中止が決定

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)は、2月27日~3月1日にパシフィコ横浜にて開催を予定していたカメラや望遠鏡機器の展示会「CP+2020」の中止を決定したことを、2020年2月14日に発表しました。

今回の措置は、新型コロナウイルス「COVID-19」の感染拡大による開催リスクを懸念して決定されたものです。
CP+はカメラ関連のメーカーが集う日本国内の見本市としては最大級のもので、会期中の来場者数は毎年6万~7万人にもなります。
CIPAでは「機材を実際に手に取ってその操作感などを確かめていただけることがCP+の最大の特徴」とした上で、この特長ゆえに「不特定多数の来場者に感染するリスクを排除し切れない」と判断しました。
来場者や出展関係者の健康や安全を第一に考え、開催中止を決定したとしています。

■CP+2020公式サイト
 http://www.cpplus.jp/