“集中できる環境”をつくるメガネ『Zoff+集中』が登場、1月17日に発売開始!

メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営している株式会社インターメスティック(本社:東京都港区)は、余分な視覚情報をカットし、“集中できる環境”をつくるメガネ「Zoff +集中」を、2020年1月17日(金)から、国内のZoff 51店舗で発売します。 

オフィスのフリーアドレス化やノマドワークなど、働く場所の選択肢が増える一方で、境界が無い分“集中”できる環境を作ることが難しくなっています。
「Zoff +集中」は、周辺の余分な視覚情報をカットすることで、眼球の動きをコントロールする脳の部位である、「前頭眼野」の負荷を軽減。
普段は普通のメガネとして使用でき、勉強やパソコン作業など“集中”したい場面においてフードを装着することで、目の前の作業に集中できる環境をつくってくれます。

【競走馬の“ブリンカー”をヒントに開発】
「Zoff +集中」は、競走馬が前方に集中するために装着する馬具、「ブリンカー」から着想を得て開発されました。
「ブリンカー」は、視界の一部を直接遮ることにより真横や後方の余分な視野を遮り、周囲からの影響に惑わされずに意識を競走や調教に集中させることができると考えられています。

 

【商品詳細】
■日常使いができるデザイン

■集中が必要なときはフードを装着

■余分な視界をカットして目の前に集中!

【商品概要】
▽商品名:「Zoff +集中」
▽発売日:2020年1月17日(金)
▽▽価格:7,000円(税別・度付きレンズも入れることができます。)
取扱店舗:国内Zoff 51店舗
▽特設サイト
 https://www.zoff.co.jp/shop/contents/shuchu.aspx(1/17公開予定)
 ※メガネの内側にあるフードは簡単に脱着可能で、フードを取り外せば普通のメガネとしても使えます。
 ※集中の度合いには個人差があります。