スマホサイズの薄型メガネフレーム「スマホイージーフレーム」に掛け心地を重視したコレクションを発売中

「パリミキ」や「メガネの三城」を展開している株式会社三城(本社:東京都港区、代表取締役:澤田将広)は、同社が販売しているスマホサイズの薄型メガネフレーム「スマホイージーフレーム」に、掛け心地に重点を置いた新しいコレクションをこのほど発売しました。

コロナウイルスの影響でリモートワークが増え、それに伴いパソコン用メガネを購入する人も増えています。
元々視力が良好でメガネを常用しない人は、仕事のときだけなど必要な場面にのみメガネを装用する人が多く、そのために持ち運びをする機会も多く、メガネケースはかさばらないコンパクトなものを求める傾向が強い。
一般的なコンパクトサイズのメガネは、極端に薄いかわりに掛け具合の調整がほぼできないため装用感は決して良いとは言えず、見た目もいかにも老眼鏡といったものが多く見られます。
そこで同社では、スマホサイズのコンパクトな形状は担保しつつ、掛け心地も兼ね備えた普通のメガネと変わらないデザインをコンセプトに、「スマホイージーフレーム」を開発。
今回のコレクションでは、薄さと軽さを維持しつつ、より良い掛け心地を得られるように、更に細かいフィッティングが可能な仕様にしています。

  

【商品特徴】
■スマホサイズのコンパクトさをメインにデザイン。

1:テンプルをたたんだ時の厚みが1.7〜1.8センチ。
 (普通のメガネフレームの厚みは2.6〜3.0センチ)

2:テンプルにはしなりが特徴のベータチタンを採用し、適度なフィット感と掛けていても疲れにくい軽さを兼ね備えています。
既存コレクションは軽さを重視したシンプルなメタル手でしたが、今回のコレクションでは耳へのあたりが良くなるようプラスチックパーツを付けています。
これによりテンプルを耳に沿わせて曲げやすくなり、フィット感が一層増すようになっています。

3:鼻あて部分は幅をとらないU字型の金属足はそのままに、パッドを一回り大きい面積にし、より安定感を得られるようにしています。
パッドは植物由来のポリ乳酸からできた、人と環境に優しい素材を使用。
弱酸性で肌に優しく、抗菌仕様で清潔さも長持ちします。

4:専用ケースは1.9センチの厚みで、ポケットにも入るスリムサイズです。

  

【新モデルの概要】
▽商品名 :スマホイージーフレーム
▽フレーム価格:税込8,800円
▽付属品:ケース
▽サイズ:
 ○SEZ-004、SEZ-006 レンズ幅50ミリ
 ○SEZ-005 レンズ幅48ミリ
▽種類 :3型9種
▽販売店:
 ○パリミキ
 ○メガネの三城
 ○オプティックパリミキ
※店舗によっては取り寄せになる場合があります

■SEZ-004
レンズが大きいため広い視野を確保できます。
レンズ回りのリムに七宝や転写を施し、シンプルながらもトレンド感を感じられるデザインにしています。

ピンクゴールド/パープルマット
ホワイトゴールド/トートイス
ホワイトゴールド/ブラウンマット

 

■SEZ-005
遊びを効かしたヘキサゴン(六角形)型のレンズシェイプ。
人気の多角形型はちょっとしたアクセントに最適です。
レンズの形が特徴的な分、カラーリングは落ち着いた色味の展開です。

ゴールド/ブラウンマット
ゴールド/ブラック
ゴールド/トートイス

  

■SEZ-006
ベーシックなオーバル型のレンズシェイプはコンパクトなサイズ感。
柔和なフォルムは雰囲気も損なわず老若男女シンプルに掛けられます。
持ち運びが多い老眼鏡などにもオススメ。

ゴールド/レッドマット
ゴールド/ブラウンマット
ピンクゴールド/ベージュマット

 

【疲れ目軽減にはスマホイージーレンズ】
パソコンなど近くを見る際は、水晶体を膨らませる毛様体筋に負担がかかるので目に疲れが生じます。
つまり、疲れ目は毛様体筋が疲労することで起こる症状とも言えます。

スマホイージーレンズはそういった疲れ目を軽減させるよう考えて設計しており、上下2つのゾーンでピント調節をサポートします。
メガネ下部に設計されたリラックスゾーンは、スマホ使用時の目のピント調節をサポート。
また、メガネ上部は遠くが見やすいクリアゾーンとなっています。
目への刺激を軽減するだけではなくピント調整サポートにより目の疲れを軽減し、掛けるだけでより高いアイケアを実現します。
(レンズ価格 税込8,800円から)

  

  

■会社概要
▽会社名:株式会社 三城
▽設立2009年1月15日
▽代表者:代表取締役社長 澤田将広
▽資本金:1億円
▽事業内容:眼鏡およびその関連商品を主に取り扱う眼鏡専門店チェーン
▽公式サイト:https://www.paris-miki.co.jp/