鯖江のメガネ職人が丁寧に作り上げる、高品質&コスパ抜群のクラシックメガネ『LOFAH』シリーズに新作が登場!

メガネ・補聴器を販売する「メガネのアイガン」を運営している愛眼株式会社(本社:大阪市天王寺区、代表取締役社長:下條 三千夫)は、福井県鯖江市のメガネ職人が丁寧に作り上げる、高品質&コスパ抜群のレトロモダンな“ふちなしメガネ”「LOFAH 1009/1010」を、2019年12月23日(月)から、メガネのアイガン限定店舗において販売します。

■メガネのアイガン公式サイト
 http://www.aigan.co.jp/

■2019年12月25日 追記
愛眼株式会社から2019年12月25日にアナウンスがあり、同社は本記事で紹介した『LOFAH 1009/1010』の発売日が延期されたことを発表しました。
発売延期の理由は、生産の遅れによりものとしています。

同社では、発売開始時期が確定致したのちに、あらためて同社のWEBサイト等を通じて案内を行うとしています。

【「LOFAH」商品特徴】
「LOFAH」は、「日本製ならではの品質の高さ」&「コストパフォーマンス」をコンセプトに、長く快適に愛用できるクラシックメガネの愛眼オリジナルのブランドです。

伝統的な技法を使い、手間はかかるが丈夫で美しい仕上がりにこだわり、普遍的で新しいデザインや日本人の骨格に合う掛け心地を最新の技術で融合させています。
国内生産シェア率95%以上を誇るメガネの聖地・福井県の鯖江市のメガネ職人が、熟練した経験に裏付けられた技術を用い、フレーム磨きやヒンジ(蝶番)作りなど一つ一つの工程を丁寧に仕上げています。
メーカーとの長年の付き合いから、コストを最大限に抑えることができた優れた逸品です。

軽量でしなやかなバネ性の高い国産ベータチタン材を、特殊な技術により成形・切削・接合し、日本人の骨格に合わせた快適な掛け心地を実現。
テンプル部分は、職人の丁寧な技が光る、丈夫で美しいカシメ蝶番とベータチタン芯を打ち込み、薄くしなやかに仕上げています。
フレームは、味わい深い「ボストンシェイプ」と、すっきりとした「ウェリントンシェイプ」の2型を採用。
時代によって変化する、レトロモダンなフレームシェイプが表情を彩ります。

 

【商品詳細】
■LF-1009

▽フロントスタイル:ボストンデザイン
味わい深いボストンシェイプが表情に深みを与えます。

LF-1009 C-1 GP(ヘアラインゴールド)
LF-1009 C-1 GP(ヘアラインゴールド)
シャーリング金メッキにビール瓶色のモダンを組み合わせた王道パターン
LF-1009 C-2 AS(アンティークシルバー)
LF-1009 C-2 AS(アンティークシルバー)
焦がし処理&ヘアライン加工による味わい深いアンティークカラー

■LF-1010
▽フロントスタイル:ウェリントンデザイン
すっきりとしたウェリントンシェイプが知的な印象を残します。

LF-1010 C-1 AG(アンティークゴールド)
LF-1010 C-1 AG(アンティークゴールド)
焦がし処理&ヘアライン加工による味わい深いアンティークカラー
LF-1010 C-2 SL(ヘアラインシルバー)
LF-1010 C-2 SL(ヘアラインシルバー)
シャーリング銀メッキにキハク色のモダンを組み合わせた骨董カラー

 

■商品概要
▽商品名:LOFAH 1009/1010
▽価格:27,000円(税別)
▽発売日:2019年12月23日(月)(発売日が延期されました)
▽ラインナップ:
 ○LF-1009 2色展開(C-1 GP / C-2 AS)
 ○LF-1010 2色展開(C-1 AG / C-2 SL)
▽素材:フロント=チタン、テンプル=ベータチタン

 

■会社概要
▽商号: 愛眼株式会社
▽代表者: 代表取締役社長 下條 三千夫
▽所在地: 〒543-0052 大阪府大阪市天王寺区大道4丁目9番12号
▽設立: 1961年1月11日
▽事業内容: 愛眼グループは、眼鏡・サングラス・補聴器その他関連商品を取り扱う眼鏡専門店チェーンを展開しています
▽資本金: 5,478百万円
▽URL : http://www.aigan.co.jp/

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。