OWNDAYSが男性の育休取得の後ろめたさ解消に向けた構造改革を発表

メガネ・サングラスの製造販売を手掛けているOWNDAYS株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:田中修治)は、子どもの誕生直後に父親が最大4週間の「産休」を取れる制度などを盛り込んだ「改正育児・介護休業法」が2021年6月3日の衆院本会議で成立したことを受けて、男性の育休取得を推進していくことを発表しました。

同社では、男性の育休については2009年に成立した改正育児・介護休業法で取得条件の緩和から社内制度として設けていました。
しかしながら社員の取得率が低く、社員の子供がが1歳になるまでに取得した社員2名にとどまっていました。
対照的に女性の育休取得率は極めて高く、全女性社員の20%が育休を取得しており、2021年6月18日の時点でも20名が育休取得中となっています。

【OWNDAYSの男性の育児休業制度について】
現在の規定では、産後出産日の翌日から1歳までの期間において育児休業の取得が可能。
保育園に入園が出来なかった場合は、最大2歳まで延長可能となっています。
また、育児休業給付金が雇用保険より支給されます。

【OWNDAYSの女性の育児休業制度について】
出産予定日から遡って42日間産前休業の前に、出産準備期間として30日前から休業できます。
休業期間は30日間は給与全額支給。
また、育児休業後、「時短社員」の利用も可能です。

同社では、男性社員が育休を取らない理由について、0歳~5歳の子どもがいる男性社員50名を対象にアンケートを実施。
その結果、他のスタッフに対する「後ろめたさ」を感じてしまうという点が多くみられました。

そこで同社は2022年秋の「男性版産休」の新設を受けて、職場内で発生してしまう「後ろめたさ」を払拭し、男性も育児に参加しやすい環境を整えるべく以下の取り組みを行うことを決定しました。

〇入社説明会や来年度新卒社員から配布予定の社員手引きに男性版産休、育休の項目を追加
〇管理職に向けた男性の育児参画促進研修の実施
〇育休取得経験のある男性社員が担当する専用の相談窓口を設立
〇リクルートサイトでの周知

同社ではこれらの取り組みをにより取得実績を作り、1歳未満の子供がいる男性社員や今後子供が生まれる予定の男性社員の取得率100%を目指すとしています。

■OWNDAYSリクルートページ
 https://www.odsaiyou.com/