薄い老眼鏡・薄い眼鏡「ペーパーグラス」の新しい直営店が、東急プラザ渋谷に12月5日グランドオープン

薄い老眼鏡「ペーパーグラス」や「ペーパーグラス・サングラス」を企画製造販売している株式会社西村プレシジョン(本社:福井県鯖江市、代表取締役社長:西村 昭宏)は、関東エリアで4店舗目となる直営店「ペーパーグラス東京 東急プラザ渋谷店」を、2019年12月5日(木)、東急プラザ渋谷4Fにグランドオープンさせます。

店舗イメージ

「ペーパーグラス」は、2013年度グッドデザイン賞BEST100で話題になり、長財布にも入る携帯性とおしゃれなデザインで老眼鏡の価値観を革新しました。
累計出荷本数が70,000本以上を記録しているヒット商品でもあります。

以前は、品質にこだわらず安いものでよいと軽視されていた老眼鏡でしたが、ペーパーグラスは「めがねのまち鯖江」だからできる高品質な老眼鏡を、12,000円(税抜)~という求めやすい価格で提供しています。
現在では老眼鏡のみならず、近視用やサングラスにも薄い眼鏡の幅を広げており、いままでにない使い勝手と洗練されたデザインがユーザーに喜ばれています。

西村プレシジョンでは、直営店展開を待ち望むお客の声に応えて、今回、関東エリア4店舗目となる直営店「ペーパーグラス東京 東急プラザ渋谷店」を誕生させます。

 

出店場所となる「東急プラザ渋谷」は、渋谷駅西口エリアにおいて『大人をたのしめる渋谷』というコンセプトで12月5日(木)にグランドオープンする商業施設です。
東急プラザ渋谷のターゲット層は、「都会派の感度が成熟した大人たち」。
時間を重ねることの価値や豊かさを知り、本物や本質的なものの良さを大切にしながら、遊び心も忘れない。
都市で生活するそういった大人たちへ、時間を重ねて「成熟」する楽しみを、人生100年時代の今だからこそ東急プラザ渋谷から提案していくとしています。

東急プラザ渋谷

大人のライフスタイルをより良くする老眼鏡として生まれたペーパーグラスは、まさに 新生「東急プラザ渋谷」に相応しいブランド であり、そうしたコンセプトにぴったりと合った製品といえます。
ペーパーグラスはこれまでの老眼鏡のイメージを革新し、国内だけでなく世界中から注目され、現在では世界8カ国10を超える地域に広がっています。

また既存の直営店舗である「ペーパーグラス福井 福井駅前店」、「ペーパーグラス東京 帝国ホテル店」、「ペーパーグラス大阪 淀屋橋odona店」、「ペーパーグラス福岡 博多リバレイン店」、「ペーパーグラス東京 品川プリンスホテル店」、「ペーパーグラス東京 新宿京王プラザホテル店」、「ペーパーグラス福岡 福岡三越店」においては、老眼鏡専門店として他に類をみない老眼鏡の売場とサービスを生み出し、老眼鏡とユーザーとの上質な出会いの場と新たな体験価値を提供しています。

オーバル マットネイビー
美しいアーチを描くテンプル
たたむと薄くてフラットな形状に

【オープニング企画】
(1)「Pライト9」モニター価格での先行販売(数量限定)
来春発売予定の新商品「ライト」シリーズに先駆け、「Pライト9」を12月4日(水)から先行販売します。
 ▽モニター価格:9,000円(税抜)
 ※モニター価格は、会員登録必須。
  アンケートにご協力いただける人に限ります。

(2)限定カラー フレーム(数量限定)
オリジナルカラー スタンダードクラシック(七宝モデル)
 ▽カラー展開:2色(ローズ、ブルー)
 ▽価格   :25,000円(税抜)

(3)限定カラー ケース(数量限定)
 ▽カドーレM
 ▽単品購入価格:2,000円(税抜)

 

■新店舗情報
 ▽店舗名:ペーパーグラス東京 東急プラザ渋谷店
 ▽オープン日:2019年12月5日(木)
 ▽所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ渋谷4F
 ▽営業時間:10:00~21:00
 ▽定休日:不定休
 ▽電話:03-5422-3456
 ▽アクセス:JR 各線 渋谷駅南改札西口 徒歩1分
 ▽店舗面積:8.9坪

 

■会社概要
 ▽会社名:株式会社西村プレシジョン
 ▽所在地:〒916-0019 福井県鯖江市丸山町3丁目5-18
 ▽設立:1993年10月(株式会社西村金属の貿易部門子会社として)
 ▽資本金:1,000万
 ▽通販サイト
  http://www.paperglass.jp