伝統工芸とコラボした鯖江メイドの小さく軽くかさばらない老眼鏡「Pocket Glasses」が一般発売をスタート

日本のメガネ産地である福井県で老眼鏡とサングラスを手がけている「株式会社ネオビジョン」(本社:福井県福井市、代表取締役社長:波多野 勝)は、小さく、軽く、かさばらない超小型の老眼鏡「Pocket Glasses(ポケットグラス)」のオンラインショップを2021年4月1日にオープンし、一般ユーザー向けの発売を開始しました。

■ネオビジョン企業サイト
 https://www.neovision.co.jp/

■Pocket Glasses公式オンラインショップ
 https://pocketglasses.jp/

Pocket Glasses(ポケットグラス)は、毎日をかっこよく楽しむ、オトナのための老眼鏡。
「毎日携帯したい老眼鏡だけれど、持ち運びに困る」
「かさばるのはイヤだけど、老眼鏡はいつも持っていないと不安」
そんなユーザーらの声から生まれた商品。

コンセプトは、小さく、軽く、かさばらない。
これからの季節、外出時の持ち運びに最適でおしゃれなリーディンググラスとして、クラウドファインディング「Makuake」で実施した先行販売では、開始2時間で予定数量が全て完売。
達成率は1000%を超え、多くの人たちの支持や声援を集めました。

 

コンパクトで軽く、気軽に持ち運べる老眼鏡。
ズボンのポケットに、背広の内ポケットに、鞄の中にそっと収まるデザインで、いつでもポケットに入れて持ち歩くことができます。

手作業であしらった七宝や金メッキ、国内メーカーレンズ、鯖江だからできる機能美が詰まったデザイン。
ケースは伝統工芸の漆塗り職人が一つ一つ手仕事で仕上げた、ずっと触っていたくなる高級な質感となっています。

いつもポケットに忍ばせておきたくなるような、こだわりの超小型リーディンググラスです。
ちょっとしたお出かけ、旅行や出張、ドライブなど・・・「Pocket Glasses」を持っていると、なんだか心がおどる・・・。
そんな便利で嬉しい体験を届けてくれる商品といえるでしょう。

  

【Pocket Glassesの特徴】
■ポイント1:こだわり品質の鯖江メイド

高品質の国内メーカー加工レンズを使用。
メイドイン鯖江にこだわり、鼻パッド部分の七宝やフレームの金メッキなど長年メガネをつくり続けてきた鯖江の技と機能美が詰め込まれた逸品となっています。
最後の組み上げも、ひとつひとつ鯖江の自社工場で行っています。

 

■ポイント2:鯖江の漆職人がひとつひとつ手仕事で仕上げた美しいケース
めがねの一大産地福井県鯖江市で、1500年前から脈々と受け継がれてきた伝統的工芸品の「越前漆器」。
その越前漆器の漆塗り職人が、ひとつひとつ丁寧に仕上げた漆の質感が美しいケースが、
専用ケースとして付属します。

  

■ポイント3:どんな人にも心地よくフィットする、まごころ設計
テンプル(つる部分)が顔の形に合わせて湾曲しています。
バネ丁番でテンプルが大きく広がり、顔にぴたっとフィットします。
また、ねじが緩みにくいところも嬉しいポイント。
楽に掛けることができるように、掛け心地にとことんこだわり、どのような人でも快適に使用できるよう設計されています。

 

■商品概要
▽商品名:Pocket Glasses(ポケットグラス)
▽種類:フレームカラー2色
 ○ゴールド
 ○シルバー
▽度数:+1.00~+3.50の6段階から選択可能
▽発売日: 2021年4月1日(木)発売
▽価格:16,500円(税込・送料込み)

■仕様
▽重さ:8g(レンズ無の状態)
▽日本製(ケース:越前漆器 手塗り漆)
▽材質
 ○フレーム:ニッケル合金、ステンレス
 ○レンズ:高品質光学用アクリル材+マルチコート仕様
▽フレームサイズ
 ○折り畳み状態:幅69mmx高28mmx厚15mm
 ○開いた状態:幅134mmx高28mm、ツルの長さ127mm
 ○ケース:幅39mmx高81mmx厚2mm
▽表面処理
 ○フレームフロント:高級厚メッキ(金)
 ○ケース:手塗り漆溜塗り

■Pocket Glasses公式オンラインショップ
 https://pocketglasses.jp/

 

 

■企業概要
▽社名:株式会社ネオビジョン
▽業種:製造業
▽本社所在地:福井市経田2-1305
▽代表者名:波多野勝

▽ネオビジョン企業サイト
 https://www.neovision.co.jp/