眼鏡小売業の和真が、内藤剛志さん起用の新CM「上げよう、メガネも!」篇のオンエアをスタート!

メガネ・コンタクトレンズ・補聴器などの小売業を行っている株式会社和真(東京都中央区 代表取締役:丹下 三昭)は、2021年4月に創業70周年を迎えています。
同社ではその節目の年に、和真の独自開発商品である遠近両用『全視界メガネ』の新CMを制作し、5月13日(木)からオンエアを開始しました。

この新しいTVCMは、今年で和真メガネのイメージキャラクター就任15年目を迎えた内藤剛志さんを起用し、全視界メガネの良さを分かりやすく楽しく伝える内容となっています。
同CMは、下記の動画配信サイト(You Tube)でも見ることができます。

■全視界メガネ新CM「上げよう、メガネも!」篇
▽30秒バージョン:https://youtu.be/CscR1wsEGbM
▽70秒バージョン:https://youtu.be/RLnhby2J0EM

  

【全視界メガネ新CM「上げよう、メガネも!」篇について】
テレビドラマや映画を中心に幅広く活躍している内藤剛志さんは、インタビューで「刑事役が多いからか、本物の警官に黙礼されることがある」と語るほど刑事役を多く演じており、刑事ドラマに欠かせない俳優さんです。
今回のCMでは、事件をスッキリ解決する内藤さんが演じる刑事が、近くが見づらい問題に直面します。
しかしそんな悩みを、全視界メガネがあっという間に解決する内容となっています。

「刑事が犯人をあげる」にはスマホにある被疑者の写真をしっかり見なければならない。
しかし、手元がぼやけて見えない・・・。
そんな状況を打破するために、あっ!という間の簡単操作で新発想の遠近両用「全視界メガネ」を上げてみると・・・・。

シリアスな場面でみせる見えづらい表情から、全視界でらくに見えることで明るい表情に変わる、内藤さんの表情の変化が見どころとなっています。

スッキリ、クッキリ見えて、スマホ画面が見づらい問題が解決!
これで事件も解決するのか?!
「上げよう、メガネも!」という最後の決め台詞には、様々なメッセージが込められているということです。

■TV-CM概要
▽商品名:全視界メガネ
▽タイトル:「上げよう、メガネも!」篇 30秒
▽放映開始予定:2021年5月13日(木)
 ※テレビ朝日ドラマ「捜査一課長」内にて放映

 

【全視界メガネとは】
遠近両用メガネの近くを見る度数の場所は、メガネレンズの下部にあります。
そのためスマホなど近くを見る際メガネを少し持ち上げると見やすくなります。
全視界メガネは簡単な操作で 6ミリ上がり、近くがラク~に見えるようになります。

■全視界メガネ詳細ページ
 https://www.washin-optical.co.jp/campaign/zensikai_2021_cm

 

 

【会社概要】
▽社名:株式会社和真
▽本社本店:東京都中央区銀座8-9-13
▽事業本部:東京都新宿区高田馬場3-22-5
▽代表:代表取締役 丹下 三昭
▽創立:1951年4月
▽事業内容:メガネ・コンタクトレンズ・補聴器・光学器の小売業

■和真HP
 https://www.washin-optical.co.jp/

■和真メガネ創業70周年祭ページ
 https://www.washin-optical.co.jp/campaign/70th_anniversary