青山眼鏡が「バネリーナ ピンクリボン運動支援キャンペーン」の結果報告を発表

青山眼鏡株式会社(本社:福井県鯖江市 代表取締役:青山嘉彦、以下青山眼鏡)は、同社が展開している女性向けメガネブランド「BANERINA(バネリーナ)」で2020年9月16日~2021年3月15日迄の半年にわたって実施していた、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるピンクリボン運動を支援するキャンペーンをについて、その結果報告を2021年4月16日に発表しました。

【ピンクリボンキャンペーン実施内容】
①キャンペーン期間中、バネリーナ眼鏡フレームの売り上げ1本につき200円を「認定NPO法人 乳房健康研究会」へ寄付します。
寄付金はピンクリボン運動に活用されます。
②バネリーナの購入者には、「ピンクリボン×バネリーナ」の限定眼鏡拭きをもれなく進呈。
③キャンペーンに賛同した眼鏡店には、販売員用にピンクリボンピンバッジ運動を進呈。
また店頭にてピンクリボン運動支援をPRするPOP、ポスターも併せて進呈しました。
※メンズラインの「BANERINO(バネリーノ)」もキャンペーン対象。

ピンクリボン眼鏡拭き

 

【結果報告】
キャンペーンには、全国の眼鏡店から約500社(1000店舗)の賛同があり、来店客に向けて店頭でピンクリボン運動の意義と大切さの周知活動が行われました。
キャンペーン期間中のバネリーナ眼鏡フレーム売上本数は6,632本。
この販売額からの132万6400円と、ピンクリボンバッジ運動でのバッジ購入(2030)による寄付101万5000円を加えた、総額234万1400円が「認定NPO法人 乳房健康研究会」へ寄付されました。

 

【取組に至った背景について】
青山眼鏡は、「SDGs(持続可能な開発目標)」「エシカル消費(人や地球環境、社会に配慮した倫理的消費やサービス)」の2つに基づき社会貢献活動に取り組んでいます。
めがねのまち「福井県鯖江市」は、SDGs未来計画都市に選定されており、その中からSDGsのGoal3(すべての人に健康と福祉を)、Goal5(ジェンダー平等を実現=女性活躍推進)の2つに貢献できる事として、同社では今回のピンクリボン運動支援キャンペーンに取り組みました。

乳がんは、日本人女性がかかる割合(罹患率)ががんの中では最も高く、日本人女性の一生のうち11人に1人が罹患すると言われているほど年々増加の傾向を示しています。
しかし早期発見・治療すれば90%以上が治癒します。
女性活躍の推進にあたり、女性の美と健康を守るためにも乳がんの正しい知識を広め、早期発見の重要性を呼びかける事が大切です。

 

【BANERINA(バネリーナ)について】
「バネリーナ」は日本の眼鏡産地「鯖江」の新しい発想と、蓄積された高度な加工技術、熟練の職人による確かなものづくりから誕生した青山眼鏡の眼鏡ブランドです。
独自開発のテンプル構造「マルチアーチシステム」により、“しなやかなバネ性”と“適度なホールド性”を併せ持つ理想的な掛け心地を生み出しています。
バレエダンサーのようにしなやかで優雅なフォルム、ソフトでありながらしっかりとしたフィット感は、女性本来の美しい表情を自然に引き出します。

BANERINA(バネリーナ)
BANERINO(バネリーノ)

  

【青山眼鏡について】
「眼鏡を通して、人が明るく、快適な人生を送るためのお手伝いをする」という理念のもと、眼鏡フレーム・サングラス・老眼鏡・ファッショングラス等、多彩な商品の企画・開発から製造・販売までをトータルに手がけています。
変化するユーザーのニーズを敏感に感じ取り、メガネを使用する多くの人たちに共感して頂mぉらえる価値を提供しています。

 

【会社概要】
▽会社名:青山眼鏡株式会社
▽所在地:〒916-8505 福井県鯖江市神中町2丁目3番30号
▽代表者:代表取締役 青山嘉彦
▽設立:1972年5月
▽URL:https://aoyamaopt.co.jp
▽事業内容:眼鏡フレーム、サングラスの製造販売

■商品についての問い合わせ先
▽青山眼鏡株式会社 商品センター
▽TEL:0778-54-8050
▽e-mail:info@aoyamaopt.co.jp