オーティコンから、世界初の補聴器専用DNNを搭載した先進補聴器「オーティコン モア」が登場

110 余年の歴史を持ち、デンマークに本社を置く補聴器メーカー、オーティコン補聴器(本社:神奈川県川崎市、プレジデント:木下 聡)は、先進補聴器の新製品「Oticon More™(オーティコン モア、以下モア)」を2021年2月26日に発売。
全国の同社製品取り扱い専門店、眼鏡店、百貨店などで販売中です。

「モア」は、“脳にとって意味のあるすべての音にアクセスできるように設計された”初の補聴器です。
これまでの補聴器の信号処理に関するアプローチを根本的に見直し、脳の神経回路を模した高度な人工知能の一つであるDNN(ディープニューラルネットワーク)を採用し、脳本来の自然な働きに必要な「音の情景の全体像」を届けることができるようにしています。

スタイルは耳かけ型充電式(ミニRITE R)での展開で、ユーザーの幅広いニーズに合わせ、搭載機能によりモア 1、モア 2、モア 3の3つのプライスポイントを設けています(価格はオープン価格)。
脳が本来持つ自然な働きを最大限に活用し、補聴器ユーザーへより自然でクリアな音を届けてくれます。

 

【モアの主な特徴】
■オーティコン史上最も高度な知能を持ち、1200万の現実世界の音情報を学習済みのDNNを搭載した、補聴器専用プラットフォーム「ポラリス」

モアのテクノロジーを処理するための、これまでにない高度な処理能力と精度(同社、前世代ベロックス Sプラットフォームとの比較)を誇っています。
学習済みDNN(ディープニューラルネットワーク)の高度なアルゴリズムをリアルタイムで実行するための16倍の容量、2倍の計算能力と処理速度を持っているほか、1200万の現実世界の音情報を学習済みのDNNをプラットフォームへ直接搭載しています。

 

■モアの搭載機能
●モアサウンド・インテリジェンス機能

周囲のあらゆる音を1秒間に500回スキャンして瞬時に分析。
補聴器の調整時に設定したユーザーの聞こえの好みを反映させ、絶え間なく変化する音の情景に対処します。
学習済みのDNNを活用し、一つ一つの音の要素をより明瞭に際立たせ、バランスよく届けることでより自然でクリアな聞こえを実現しています。

●モアサウンド・アンプリファイア機能
あらゆる音を精密なバランスで増幅します。
周囲の音の情景の変化に適応し、高解像度、高音質で最適なバランスを保ちながら、より歪みなく音の増幅を行います。

●卓越したワイヤレス通信、外部デジタル機器との接続
低エネルギーBluetooth®2.4 GHz 技術を搭載し、少ない消費電力でiPhone®に加えて、条件を満たすAndroid™端末用との中継器を介さない、直接高品質のストリーミングを提供するほか、ステレオサウンドでのワイヤレス外部機器接続が可能です。

 

【問い合わせ】
▽TEL:044-543-0615
▽FAX:044-543-0616
▽E-mail:info@oticon.co.jp

 

【オーティコン補聴器について 】
補聴器業界におけるパイオニアであるオーティコン社(Oticon A/S)は、デンマークを本社とする世界的な企業で、1万6000人以上の従業員を有するデマントグループの傘下にあります。
日本市場においては1973 年より製品の製造・販売を行っています。
(https://www.oticon.co.jp)

オーティコンの新しい企業理念「Life-changing technology(ライフチェンジング テクノロ ジー)」とは、「難聴による制限のない世界、補聴器が難聴者の生活に溶け込み、難聴により引き起こされる健康リスクを抑えながら、その人らしく充実した人生を送る手助けとなれるよう、常に最も革新的な補聴器開発をおこなっていくこと」です。
オーティコンは先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補聴器を開発し、革新的な技術を開拓してきました。
また、脳から 聞こえを考える、「BrainHearing™(ブレインヒアリング)」を補聴器開発の原点に置いています。