富士フイルムから防振機能と優れた光学性能を備えた高倍率14倍の双眼鏡が新登場!

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、双眼鏡「FUJINON TECHNO-STABI」シリーズのフラッグシップモデルとして、「FUJINON TECHNO-STABI TS-X 1440」(以下「TS-X 1440」)を2019年11月29日(金)に発売します。

「TS-X 1440」は、世界最高(*電子式ジャイロセンサーによる防振機能を搭載した双眼鏡として。2019年10月1日時点。同社調べ)±6°の補正角を実現する防振機能と、優れた光学性能を備えた、高倍率14倍の双眼鏡です。
明るくクリアでブレの少ない視界を提供し、野生動物の観察や天体観測などに最適です。

また同社は、小型軽量タイプの「FUJINON TECHNO-STABI TS12x28」(倍率:12倍、以下「TS12x28」)と、「FUJINON TECHNO-STABI TS16x28」(同:16倍、以下「TS16x28」)を同時発売し、豊富なラインアップで幅広いユーザーニーズに応えています。

■詳細はWebページをご覧ください。
 https://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1475.html?link=atp

双眼鏡は、野生動物の観察をはじめ、天体観測、スポーツ観戦、ライブ・コンサート鑑賞など幅広い用途で使用されています。
富士フイルムは、卓越した光学・機械設計技術を駆使し、百武彗星発見に貢献した大型双眼鏡や、日常シーンで手軽に使用できるコンパクトタイプの双眼鏡など、高性能・高品質な製品を提供してきました。

今回発売する「TS-X 1440」は、±6°の補正角を実現する防振機能を搭載した、高倍率14倍の双眼鏡です。
対物レンズには、有効径40mmの大口径レンズを採用することで、高い集光力を実現。
さらに、当社独自の「EBCマルチコーティング」などにより、フレアやゴースト、色収差を抑制しつつ、光の透過率を向上させ、明るくクリアな視界を提供しています。
このほか、スタイリッシュで持ちやすいデザインや防水構造を実現しており、快適な操作性と高い信頼性も備えています。
「TS-X 1440」は、船上や車中からの自然・動物観察などに最適で、光量の少ない場所での天体観測でも安心して利用することができます。

また「TS12x28」は12倍、「TS16x28」は16倍の倍率を実現した双眼鏡です。
両製品ともに、小型軽量ボディに±3°の補正角を持つ優れた防振機能を搭載。
スポーツ観戦やライブ・コンサート鑑賞などで、遠く離れた選手の動きや、ステージ上のアーティストの表情をとらえることができます。

 

■富士フイルムニュースリリース一覧
 http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=atp

■富士フイルム株式会社
 http://fujifilm.jp/?link=atp