ジンズホールディングスが、渋谷区のすべての公立小中学生・約9,000人にブルーライトカットメガネ「JINS SCREEN」を寄贈

株式会社ジンズホールディングス(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、「未来の日本の目を守ろう」をスローガンに掲げた新たなプロジェクトを開始し、その第1弾として東京都渋谷区のすべての公立小中学生に対して、2021年から3年間継続してブルーライトカットメガネ「JINS SCREEN(ジンズ スクリーン)」を寄贈するこを2021年3月18日に発表しました。

スマートフォンやタブレットなどを使用することが一般化した昨今、子どもたちがディスプレイに向き合う時間は増加傾向にあります。
特に昨年から新型コロナウイルス感染拡大に伴いオンライン授業が普及したことに加え、文科省が推進する「GIGAスクール構想」によって今年度中に1人1台の端末が整備されようとしており、子どもたちの生活や学習環境が急速に変化しています。
そんな中、機能性アイウエアとしてブルーライトカットメガネ「JINS SCREEN」(旧JINS PC)を業界に先駆けて販売し、子どもたちに目の仕組みや健康の大切さを伝える活動「見る育」を続けてきたJINSでは、子どもたちの目を守るための新たな取り組みに着手。
ICT教育システム「渋谷区モデル」で教育環境の整備を進めている渋谷区のすべての公立小中学生に、2021年から3年間継続してブルーライトカットメガネ「JINS SCREEN」を寄贈することを決定しました。

初年度となる2021年は、4月時点で在籍するすべての小学生に約7,000本、中学生に約2,000本の合計約9,000本を、4月より各学校を通じて順次子どもたちに配布する予定だとしています。
寄贈したメガネについて、度付きのブルーライトカットレンズへの変更を希望される学生には、所定のJINS店舗で無償交換の対応も行われます。
この施策は今後3年間継続して行われ、次年度以降は新小学1年生や転入生への追加寄贈も行うほか、渋谷区や学校と連携し、子どもたちの目に関する情報交換や新たな対策の検討・実施も続けていくこととなっています。

JINSでは今回の渋谷区との取り組みをはじめ、今後も「未来の日本の目」を守るために、寄贈だけにとどまらない様々な活動を、同じ想いのパートナーとも手を組んで展開していくとしています。

【「JINS SCREEN」寄贈概要】
▽時期:2021年4月から3年間
▽対象:東京都渋谷区の公立小中学校 全26校に在籍する小中学生
▽寄贈本数:初年度は小学生向け約7,000本、中学生向け約2,000本、合計約9,000本
 次年度以降は新小学1年生および転入生分を寄贈予定
▽寄贈品:
 〇小学生 「JINS SCREEN KIDS 25%CUT」 ひとり1本
 〇中学生 「JINS SCREEN 25%CUT」 ひとり1本
 〇小中学生共通 目の健康に関する冊子、見る育ハンドブック『目のひみつを知ろう』 ひとり1冊
▽学校名:
 〇小学校:
  神南小学校、臨川小学校、長谷戸小学校、広尾小学校、猿楽小学校、加計塚小学校、
  常磐松小学校、幡代小学校、上原小学校、笹塚小学校、西原小学校、富谷小学校、
  中幡小学校、千駄谷小学校、鳩森小学校、神宮前小学校、渋谷本町学園小学校、代々木山谷小学校
 〇中学校
  広尾中学校、鉢山中学校、上原中学校、代々木中学校、原宿外苑中学校、笹塚中学校、
  松濤中学校、渋谷本町学園中学校
▽アフターサポート:度付きブルーライトカットレンズへ変更を希望される学生は、所定のJINS店舗で無償交換対応
 ※対応期間や対象店舗、交換までのフローなどの詳細については、商品同封の書面にて児童・生徒および保護者向けに通知がおこなれます。

 

【GIGAスクール構想によって進む子どもたちの新しい暮らし方を、JINSがサポート 】
JINSではこれまでも、未来の日本を担う子どもたちのために、目の仕組みや健康の大切さを伝える活動を行ってきました。
現在も驚異的なスピードでデジタル化が進み、子どもたちの暮らす環境も、日々大きく変化しています。
そのなかで、注目すべき問題や懸念も新たに出ています。

2050年に全世界の人口のうちの49.8%(47億5800万人)が近視になるという調査報告(※1)があるように、今、近視は世界的な社会課題になっています。
また、スマートフォンやタブレットの急速な普及が影響し、小中学生のインターネット利用状況、つまりディスプレイの利用率はすでに90%を超えています(※2)。
こうした変化が子どもの健康や発育に影響すると感じる親は多く、ブルーライトなどをはじめ、目に対する影響が懸念されています。

そんな中で、GIGAスクール構想により、学校教育においても全国でデジタル化が大きく進みつつあります。
ICT教育を受けた子どもたちが、未来の日本を支えていく。
そのための素晴らしい環境が整いつつあります。
これは、これからの子どもたちの教育や暮らしにおいて、デジタルデバイスはますます欠かせないものになっていくと同時に、子どもたちの目を守るために、ディスプレイとの正しい向き合い方、新しい暮らし方が必要になってきているということでもあります。
そうした新しい暮らし方を、JINSはさまざまな取り組みを通じて社会にむけて広めていくとしています。

※1 Holden BA, et al. Opththalmology. 2016 May;123(5):1036-42
※2 内閣府 令和2年度 青少年のインターネット利用環境実態調査 調査結果

 

【「JINS SCREEN」商品概要】
「JINS SCREEN」は、パソコン・スマートフォン・テレビなどのディスプレイから発せられ、身体への影響が懸念される「ブルーライト」から目を守るためのメガネです。
2011年業界に先駆けて発売。
その実績により2014年には「ブルーライトケア製品」の企画開発・設計に携わる企業を対象とした評価・認証プログラム『ブルーライト研究会認証制度』の第1号として認証を受けています。
成長過程にある子どもの眼の水晶体は透明でにごりがないため、大人の目以上にブルーライトの影響を受けやすいと考えられており、子どものうちからブルーライト対策をすることを推奨しています。

■商品ラインアップ
▽JINS SCREEN 25%CUT(※1 EN規格)
 日常使いにぴったりの自然な見た目のクリアレンズ仕様で、オフィスからご家庭まで気軽に使えます。
 価格は¥5,000(+税)。

▽JINS SCREEN 40%CUT(※1 EN規格)
 ブルーライトカット率の高いレンズを搭載。
 パソコンやスマートフォンを長時間使用する方におすすめです。
 価格は¥5,000(+税)。

▽JINS SCREEN KIDS 25%CUT(※1 EN規格)
 ブルーライトの影響を受けやすい子ども用の商品で、子どもの顔にぴったりのサイズで展開しています。
 価格は¥3,000(+税)。

※1:EN規格 EN ISO12312-1:2013に基づく数値 屈折率1.60、中心肉厚2.0mmの数値

■JINS SCREEN公式サイト
 https://www.jins.com/jp/jins-screen/

 

【渋谷区教育委員会 教育長 豊岡弘敏氏のコメント】
渋谷区立小・中学校の全児童・生徒に対し「JINS SCREEN」をご寄贈いただきました株式会社ジンズホールディングス様のご厚志に感謝申し上げます。
渋谷区では、平成29年度から児童・生徒、教職員に1人1台のタブレットを導入し、令和2年9月には教育ICT基盤を刷新するなど、ICT教育を充実、推進しています。
ICT機器の活用に当たっては、子供たちの健康に配慮することが重要です。
これまでも学校では、ICT機器を利用する際、目と画面を一定程度保つことや、良い姿勢を保つこと、定期的に目を休めることなど、目の健康に配慮してきました。
この度ご寄贈いただきました「JINS SCREEN」により、学校のほか、家庭での活用が進み、学校と家庭が連携して、未来を担う子供たちの健康づくりが推進されることを期待しています。