金鳳堂・ジェイアール京都伊勢丹店で、補聴器レンタルサービス「補聴器スマートプラン」が10月1日にスタート!

三城ホールディングス傘下で、創業明治20年、今年で132年の歴史を持つ眼鏡店の株式会社金鳳堂(東京都港区、代表取締役社長:恒吉裕司)は、ジェイアール京都伊勢丹店(京都府京都市)9階メガネサロンにおいて、2019年10月1日(火)から「補聴器レンタルサービス」を開始します。

【従来のイメージを覆し、スタイリッシュに進化する補聴器】
昨今、スタイリッシュなイヤホンやヘッドホンを装着された人達を頻繫に目にするようになりました。
今や、この「イヤホンやヘッドホンを装着したスタイル」それ自体が一つのファッションアイコンとなりつつあります。
そうした背景の中、ここ数年の補聴器進化もめざましいものがあり「技術革新によるハイスペック機能搭載」はもちろんのこと、「コンパクト化され洗練されたデザイン」「カラーバリエーションの充実」と、これまでのネガティブでマイナスのイメージを払拭する補聴器のモデルが続々と発売されています。
近年の補聴器では「周りの音が騒々しい」「ハウリングがする」「音が大きくなるだけで聞き取りが出来ない」といった不満も大きく解消されました。

補聴器はスタイリッシュに進化

日々、煩わしく感じていた電池交換も、今では充電式補聴器が登場し取り扱いも簡単に利便性が大幅に向上しました。
これら機能面のイノベーションはもとより、ファッション性やカラーリングデザインを取り入れスタイリッシュに洗練されたことで、見た目もポジティブでプラスイメージの方向へと転換してきています。

【レンタルサービス導入の経緯】
こうした大きな進化を遂げている補聴器ですが、最新上位モデルとなるとやはり出費もかさみます。
「もう少し気軽に、そして気兼ねなく安心して補聴器を使ってみたい」というお客からの要望を受け、同社では補聴器レンタルサービス(補聴器スマートプラン)を誕生させました。

時代は「モノからコトへ」「所有から使用(利用)へ」と価値意識が移ってきていると言われます。
自身でも難聴を自覚しながら、装用するというその一歩をなかなか踏み出せず何らかの不便を感じられていると思われる人達のQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)向上と普及改善に大きく寄与できるサービスだといえます。

 

【レンタル補聴器商品ラインナップ】
■OTICON(オーティコン)/月額13,200円(税込)コース

▽360°周囲の音を毎秒100回以上のスピードで分析し、バランスの取れた音情報を脳に届ける「オープンサウンドナビゲーター」搭載
▽音の意味を理解する脳の働きをサポート

■SIGNIA(シグニア)/月額16,500円(税込)コース
▽電池脱着不要の簡単取り扱い充電モデル
▽フル充電で最長19時間使用
▽「フル充電3回分バッテリー搭載」のハンディタイプ充電ケース付
▽IP68取得の優れた防水性
▽「聞き取り」と「聞き心地」へのこだわり
▽高い騒音抑制機能と音をフォーカスする「ビーム指向性」搭載

以上の高性能上位モデル2種類より選ぶことができます。
※契約期間内は破損・故障に対しての安心保証が付きます。
 (但し、過失による場合は1回まで)
※レンタル期間は2か月~最長3年間
※表示価格は2019年10月1日以降の新税率(10%)適用後の税込価格です。

 

■ジェイアール京都伊勢丹店9階 メガネサロン
▽住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
 JR・近鉄・地下鉄「京都駅」直結
▽TEL 075(352)2446(直通)
▽営業時間:10:00~20:00
▽ジェイアール京都伊勢丹店WEBサイト
 https://www.isetan.mistore.jp/kyoto.html

 

■会社概要
▽会社名:株式会社 金鳳堂
▽創業:1887年
▽設立:2009年1月15日
▽代表者:代表取締役社長 恒吉 裕司
▽資本金:1億円
▽事業内容:眼鏡およびその関連商品を主に扱う眼鏡専門店、百貨店メガネサロンの運営