デザインを主軸に対談を行うトークイベントシリーズ「zentalks」のvolume2に、JINSの田中仁CEOが登壇します

多業界のゲストを招き、デザインを主軸に対談を行うhotel zen tokyoのトークイベントシリーズ「zentalks」。
今年7月に開催したvolume1では、A.T.カーニー日本法人会長の梅澤高明氏をゲストとして招き、「建てない東京五輪2020」と題してビジネス、テクノロジー、クリエイティブ、様々な視点から東京という都市を再考しました。

そしてvolume2として、株式会社JINSの田中仁CEOを招き、デザインによる地域変革について語るトークイベントを、2019年9月18日(水)の20:00時から、hotel zen tokyoにおいて開催します。

デザインで地域を変革する
~JINS田中CEOが描く地域活性化の近未来~

2014年、第二次安倍改造内閣発足時に言語化された「地方創生」。
東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目的とした構想であったが、交付金、税金控除、あるいは様々な規制緩和といった政策面でのアクションが目立ち、市民が共有できるような大きなビジョンが見えにくいものであった。

時を同じくして、メガネのジンズ(JINS)の田中仁CEOは、本業の他、個人のライフワークとして地元群馬県の前橋市の地域活性化に取り組んでいた。
前橋商工会議所の議員を務め、2014年に群馬県や前橋市の地域活性化を目的に田中仁財団を設立し、“前橋まちなか研究室”を開設するなど、官民一体でさまざまな地域活動を行っている。

とりわけ注力してきたのは「デザイン」。

デザイン都市」をキーワードに、前橋のビジョン具現化を強く推進している。
近年では、1688年に開業し2008年に廃業した老舗の白井屋旅館の土地と建物を、有名建築家やデザイナーと手を組み、19年秋の開業に向け、ホテルへとリノベーションするプロジェクトも進行中である。

そこで今回の“zentalks”は、「デザインで地域を変革する」と題し、JINS田中CEOをゲストに迎え、デザインが可能にする地域活性化の近未来について議論していきます。

 

■概要
▽日時:2019年9月18日(水)20:00〜22:00(開場:19:30)バーでの懇親会つき
▽場所:hotel zen tokyo B1”TAIAN”(中央区日本橋人形町1-5-8 B1F)
▽定員:50名
▽主催:株式会社SEN

■参加方法
一般チケット:3,500円/名 (ワンドリンク付)
https://zentalks-vol2.peatix.com/view

■プログラム
▽20:00〜20:30 ”前橋ビジョン”プレゼンテーション
        株式会社ジンズ代表取締役 田中 仁氏
▽20:30〜21:00 「デザインで地域を変革する」対談
        株式会社ジンズ代表取締役 田中 仁氏
        hotel zen tokyo 代表/建築家 各務 太郎氏
▽21:00~21:30 質疑応答
▽21:30~22:00 懇親会

 

【登壇者について】
■田中 仁

群馬県前橋市生まれ。
アイウエアブランド「JINS」(ジンズ)の代表取締役社長。
一般財団法人田中仁財団 代表理事。
1988年ジェイアイエヌを設立。2001年にアイウエア事業に参入。
2006年大証ヘラクレス(現ジャスダック)に上場。
2011年には『Ernst&Young ワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2011』モナコ世界大会に日本代表として出場。
2013年東証一部に上場。
同年に群馬県の地域活性化支援のため「田中仁財団」を設立。
起業家支援の為「群馬イノベーションアワード」や「群馬イノベーションスクール」を開始。
現在は前橋市中心街に「前橋まちなか研究室」を設け街づくりにも携わる。
著書に「振り切る勇気」がある。

■各務 太郎

hotel zen tokyo 代表/建築家。
早稲田大学建築学科卒業後、株式会社電通入社。
コピーライター/CMプランナーとして数々のCM企画を担当。
2014年電通を退職後、2017年ハーバード大学デザイン大学院にて都市デザイン学修士課程修了。
2018年株式会社SEN創業。
第30回読売広告大賞最優秀賞。
著書「デザイン思考の先を行くもの」。