オンデーズが新卒一律給与形態を廃止し、個人別の能力別給与体系を導入

アイウェアの製造販売を手掛けるOWNDAYS株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:田中修治)は、2020年4月以降に入社する新卒社員から従来の一律初任給体系を廃止し、個人の能力別給与体系を導入することを、2019年9月9日に発表しました。

日本企業の新入社員に対する初任給は一律とされていることが多く、またその給与額は国際的な水準でみるとかなり低いと言われています。
同社では、国内外で事業を展開する企業として今後さらに成長し出店を加速していくためには、より優秀な人材を確保することが重要だとしています。
そうした状況を踏まえると、学生たちの経験は十人十色であるにも関わらず、一律の初任給で評価することは適切ではないと同社では考え、能力別給与体系に変更することにしたそうです。

なお本取り組みによって、入社一年目の最大年収を600万円に引き上げることも合わせて発表しています。

【本取り組みについて】
本給与体系は、店舗での販売担当から本社勤務の専門的な役職まで、全職種が対象です。
個人の能力や経験に応じ、将来性や事業との相乗効果などを独自の基準で判断します。
入社前の内定インターンシップでも技術力や実績を考慮し、内定者に対し適正なオファー(給与)を提示します。

【オンデーズ新卒採用募集概要】 (2020年4月以降入社の人)
■営業職…販売、国内外責任者候補etc.
 能力別給与(月給19万~50万円)
■本部職…エンジニア、経理、デザイナー、映像制作etc.
 能力別給与(月給21万~50万円)
※個人の能力別に同社独自の基準で初任給を提示
※入社前のインターンシップによる内定期間内の昇給あり

OWNDAYSでは、かねてより管理職選挙制度やインフルエンサー手当を始め、社内人事改革に力を注いでいます。
本取り組みによって、いち早く弊社の経営のトップランナーとなるような優秀な人材を確保し、さらなる事業向上を目指しすとしています。