REPORT OCEANがスポーツサングラス市場が2027年までに44億ドルに達すると予測するレポートを発表

市場調査レポートプロバイダーのReport Oceanは、新しいレポートとして「世界のスポーツサングラスの市場規模調査レポート」を追加したことを、2021年2月3日に発表しました。

同レポートによると、世界のスポーツサングラスの市場規模は2019年に31億と評価され、2020年から2027年までのCAGRは4.7%で、2027年までに44億ドルに達すると推定しています。

スポーツサングラスは、明るい日光や高エネルギーの日光が目を不快にしたり損傷したりするのを防ぐように設計された保護メガネです。
スポーツサングラスは、有害な紫外線を防ぐ紫外線ブロッカーと紫外線B線でコーティングされています。
さらに、これらのサングラスは通常のサングラスとは形状やデザインが異なるため、プレーヤーの目を完全に保護することができます。

 

【市場の推進要因と抑制要因】
さらに、政府はオリンピック、フォーミュラ1レース、クリケットワールドカップ、FIFAなどのスポーツへの投資を増やしています。
国内レベルで開催されるスポーツイベントの増加により、政府当局からの選手の参加意欲が高まっています。
これにより、衣類、スポーツサングラス、靴、その他の機器などのスポーツアクセサリーの需要が急増すると予想されます。
しかし、ナイキ、アディダス、プーマなどのスポーツサングラスブランドの高価格と大きな人気により、低品質の製品を提供する偽造ブランドが出現しました。
これらのブランドの存在は、多くの場合、不便と安全性の問題につながり、その後、顧客の間で否定的な認識を生み出します。
オンライン流通チャネルは、偽造ブランドの取引を簡単に隠すことができる主要なプラットフォームの1つです。
したがって、偽造産業の急増は、スポーツサングラス市場の成長を妨げると予想されます。

累進レンズとフォトクロミックレンズを備えた偏光スポーツサングラスの入手可能性は、UVA / UVB光線の有害な影響を減らすのに役立ちます。
さらに、偏光スポーツサングラスのレンズは薄い化学フィルムで作られているため、晴れた日に水や高速道路の表面で反射する過酷な光を取り除くのに役立ちます。
そのため、さまざまなスポーツで使用され、スポーツサングラス市場の成長を後押ししています。

 

【市場セグメントの範囲】
世界のスポーツサングラス市場は、種類、性別、流通チャネル、および地域に分割されます。
タイプによって、市場は二極化と非二極化に分かれています。性別によって、男性、女性、ユニセックスに分類されます。
流通チャネルに基づいて、それはハイパーマーケット/スーパーマーケット、専門店、ブランドアウトレット、およびオンライン販売チャネルに分類されます。
地域ごとに、北米(米国、カナダ、メキシコ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(日本、中国、インド、東南アジア) 、およびその他のアジア太平洋地域)、およびLAMEA(ラテンアメリカ、中東、およびアフリカ)で分析されています。

 

このレポートは、市場セグメント、現在の傾向、推定、および2019年から2027年までのスポーツサングラス市場分析のダイナミクスの定量分析を提供し、一般的な市場機会を特定します。
すべての主要な地域の主要国は、スポーツサングラスの市場シェアに基づいてマッピングされています。
市場予測は、主要な推進要因、制約、および機会に関連する情報とともに提供されます。
ポーターの5つの力の分析は、利害関係者が利益志向のビジネス上の決定を下し、サプライヤーとバイヤーのネットワークを強化できるようにするバイヤーとサプライヤーの可能性を浮き彫りにします。
市場細分化の詳細な分析は、一般的な市場機会を決定するのに役立ちます。

■無料のサンプルページのリクエストサイト
 https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR810

 

同社ではレポートの詳細については、sales@reportocean.comまでメールで問い合わせしてほしいとのことです。