60’s GI GLASSES再生プロジェクトのメガネが試着できるイベントが東京・池尻で9月6日~8日に開催されます

これまでに当ニュースサイトでも数回にわたってプロジェクトの紹介をしている、ロサンゼルス郊外の古い倉庫で発見されたデットストックの『60’S GI GLASSES』(アメリカ軍官給品メガネ)を、日本のメガネの聖地である福井県鯖江市のメガネフレーム職人の手で蘇らせる計画の続報がまた公開されました。

今回はこの『60’S GI GLASSES』を実際に手にとって確かめることができる〝試着イベント〟が、9月6日(金)~9月8日(日)までの3日間、東京・池尻にあるワークウェアショップ「ALL YOURS STORE」で開催されます。

(前回のニュース https://www.theeyes.jp/wordpress/?p=6814
(前々回のニュース https://www.theeyes.jp/wordpress/?p=6361

このプロジェクト『文化資産を手に!デッドストックの米軍メガネを未来へつなごう!』は、クラウドファンディングサイトの「CAMPFIRE」で実現のために必要な資金集めが行われましたが、開始から僅か10時間で10時間で目標金額達成。
その後も出資者が増え続け、すでに標金額に対して2200%の資金調達を実現しています。
 
CAMPFIREでのプロジェクトサイト https://camp-fire.jp/projects/view/169257

今回試着のために用意された60年代GI GLASSESのサンプルフレームは、返礼商品として展開するS、M、Lの全3サイズが準備されます。
会場となる「ALL YOURS STORE」で実物に触れることで、着用感への不安を取り除くことが目的となっています。
また、これまではオンライン上でのコミュニケーションのみだった支援者らとのつながりを、リアルな店舗でも行う事で、文化資産保護の重要性を直接伝えていくことも目的となっています。

 

今回公開される試着用フレームは、プロジェクトスタート時の計画ではプレーンなものだったテンプルを、60’s GI GLASSESのオリジナルに近い、ダイヤ型カシメ加工の入ったタイプにアップデートしています。
テンプルを再生するために必要な加工やパーツ数が増える為にコスト高になりますが、価格に変更は行わないとしています。

近年のセルフレームは、イミテーションカシメ(ダイヤ部分を接着した飾り)が多いですが、同プロジェクトの製品は全てのカシメが蝶番をしっかりと固定しており、こうした確かなものづくりも1つの魅力となっています。

 

【開催概要】
■開催地:ALL YOURS STORE
 (東京都世田谷区池尻2-15-8 1F)

■開催期間
 ▽9月6日(金)15:00〜18:00
 ▽9月7日(土)12:00〜20:00
 ▽9月8日(日)12:00〜20:00

■ALL YOURS   https://allyours.jp/
■CULTURE BANK   https://culturebank.jp/

 

【プロジェクト記念リターンも公開】
クラウドファウンディングによるプロジェクトの追加リターンとして作られた記念Tシャツも、同会場で披露されます。

記念Tシャツの素材は、米綿(アメリカンコットン)を空気の圧力で紡績した、風合いの良い生地を使用。
胸にはミリタリーのイラストと60’s GI GLASSES x SABAE ARTISANの文字がプリントされています。
(予定価格 ¥4,900)

 

【ALL YOURS(オールユアーズ)について】
2015年7月1日に、木村昌史や原康人を中心に設立。
“LIFE-SPEC”(ライフスペック) というコンセプトを掲げ、「あたりまえを、あたりまえにしないモノづくり」を理念に、現代の日常生活に適応し、使用者がストレスなく使用できるプロダクトを開発、販売しています。
2017年に実施したクラウドファンディング「着たくないのに、毎日着てしまう。クセになるジャケットとパンツ」では、18,096,784円の支援を集め、国内ファッションカテゴリの調達額日本一を達成しています。
URL: https://allyours.jp/