吉祥寺の眼鏡専門店「オプテリアグラシアス」が、車いすのまま視力測定できる店舗作りの新バリアフリー型メガネ店舗に改装オープン

眼鏡専門店の「オプテリアグラシアス」を東京・吉祥寺で展開そている有限会社ojim(オジム)(本社:東京都武蔵野市、代表:伊藤次郎)は、創業当時からバリアフリーの店舗作りに取り組んできたが、このほど車いすのまま視力測定できるように店内レイアウト変更し、視力測定室の改装を行うなどして、新バリアフリー型のメガネ店舗として改装オープンしました。

同店代表の伊藤は、生まれつきの脳性麻痺で電動車いすのお客様が来店された時に、自身のお店が名ばかりのバリアフリーである事に気付き店舗改装を決意したということ。
今回の店舗改装では、電子視力測定機を新たに設置するなど設備投資も行っているとのことです。

【創業時からのバリアフリー化の取り組み】
 ①店頭入り口にスロープ設置
 ②店頭に呼び鈴設置
 ③店頭に車椅子ステッカー設置
 ④廊下に手すり設置
 ⑤メガネレイアウトテーブルをオリジナルで作り、動線を確保
 ⑥段差の一切ない店内設計
 ⑦視力測定室へも手押しの車椅子であれば付き添いがそのままいれば入れる。

【今回分かった店舗の問題点】
 ①電動車いすにはリモコンがあり、そのリモコンがテーブルと干渉し、適切なレイアウトが作れない。
 ②視力測定室への入り口の間口のサイズが狭くそのまま入れない。(業者手配済み)
 ③車いすの方が手を伸ばして届かない場所に眼鏡がレイアウトされている。(今回は未対応 今後はメガネレイアウトテーブルの見直しで改善可)

【今回の改装での改善点】
 ①視力測定機のテーブルを取り外し、レイアウトを一から再設計し視力測定環境を見直し改善した。
 ② ①に伴う変化で、視力測定機の下に引き出しを設置しテストレンズをレイアウトした。 
 ③視力測定室への入り口にあるパーティションの一部切除し入り口を広げる。(業者手配済み)
 ④視力測定機のコントローラー置き場を新設。
 ⑤ろう者向けの手書きボードを用意した。

【業界への報告】
大手眼鏡機器メーカー2社(NIDEK/TOPCON)の開発担当に来店してもらい、電動車いすの構造、サイズ、転回する必要スペースなどを報告。
今後の開発に活かして欲しいと依頼した。

【今後の目標】
より一層のバリアフリー化を目指し店舗のデザインを見直し、障碍者のお客が一人で来店し、さらに一人で帰れる環境の店舗設計を目指して継続的に店舗のデザインを改善していく。

 

■有限会社ojim
▽会社所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-21-1F
▽HP:https://opteria-glassias.jp/
▽TEL&FAX : 0422-21-6755
▽MAIL :info@opteria-glassias.jp