11月13日開業の商業施設「グランベリーパーク」に、KANEKO OPTICAL、EYESTYLE、Zoff、コンタクトのアイシティの4つのアイケア店舗が出店

東京急行電鉄株式会社が田園都市線南町田駅直結の商業施設として、2019年11月13日(水)に開業を予定している「グランベリーパーク」の詳細が8月7日に発表され、同施設に『KANEKO OPTICAL』、『EYESTYLE』、『Zoff』、『コンタクトのアイシティ』の4つのアイケア関連店舗が出店することがわかりました。

この「グランベリーパーク」は、2017年に惜しまれつつも閉館した「グランベリーモール」の跡地を再整備したもので、同社と町田市が連携して2019年11月13日(水)にまちびらきを行う「南町田グランベリーパーク」内に位置します。

施設コンセプトを「生活遊園地~くらしの『楽しい』があふれるエンターテイメントパーク~」とし、隣接する鶴間公園と一体的にデザインされた緑豊かな街並みに、新たな発見が生まれるお買い物と体験の場、多様な楽しみ方ができる7つの屋外広場と、それぞれ異なるコンセプトをもつ6つのパビリオンで構成される商業施設となります。
全234店舗中4割がアウトレット業態となり、さらに3割が飲食・食物販となるほか、アウトドアやエンターテイメントなど個性豊かな店舗が軒を連ねます。

パビリオンは、食が集まり、人が集まることで、過ごす時間が楽しくなる「ギャザリングマーケット」、子どもたちにさまざまな体験を提供する「キッズディスカバリー」、アウトドアライフスタイルの魅力を発信する「モンベルヴィレッジ」、目の前の公園と親和性の高いモノ・コトを集めた「ヒルサイドヴィラ」、新感覚インドアエンターテイメントの「ワンダーシアター」、毎日の暮らしをより豊かにする「グリーンリビング」といった個性的な異なるコンセプトの6つの空間で構成されます。

『KANEKO OPTICAL』(運営:金子眼鏡株式会社)は、このパビリオンの一つである「グリーンリビング」の建物内に出店します。

また『EYESTYLE』(運営:株式会社VISIONIZE)、『Zoff』(運営:株式会社ゾフ)、『コンタクトのアイシティ』(運営:HOYA株式会社)の3店舗は、セントラルコート内に店舗を構える予定になっている。
ちなみに『EYESTYLE』と『Zoff』はアウトレットでの出店になるそうです。
(『EYESTYLE』は初めてのアウトレット店舗となる模様)

■グランベリーパーク出店店舗のプレスリリース
 https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20190807-2-1.pdf

■グランベリーパークティザーサイト
 https://gbp.minamimachida-grandberrypark.com/