「SOMARTA」を手掛けるファッションデザイナー廣川玉枝氏とのコラボレーションメガネ「Zoff×Tamae Hirokawa」の発売が決定!

メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営する株式会社インターメスティック(本社:東京都港区)は、東京コレクション参加ブランドである「SOMARTA(ソマルタ)」を手掛けるファッションデザイナー廣川玉枝氏との初となるコラボレーション「Zoff×Tamae Hirokawa」(ゾフ×タマエ ヒロカワ)全5種類各28,000円(税別)を、2019年9月13日(金)からZoffの6店舗とZoffオンラインストアにおいて限定発売します。

同コレクションは、ソマルタの無縫製編機によるニット「スキン(Skin)」シリーズをイメージし、プロダクトコンセプトは「Skin & Bone」に設定。
金属を酸で溶かすエッチング加工により軽量化とデザイン性を両立しさせた金属素材で「Bone」を体現し、その金属素材をプラスチックで覆い隠すことで「Skin」を表現しています。
メガネ4型、サングラス1型全5種類をラインナップします。

■商品概要
▽商品名:「Zoff×Tamae Hirokawa」(ゾフ×タマエ ヒロカワ)
▽種類:5型各1色全5種類 ※オリジナルケースとメガネ拭きセット
▽発売日:2019年9月13日(金)発売予定
▽価格:28,000円(税別)(標準レンズ代込 ※サングラスは除く)
▽取扱店舗:Zoff 原宿店、Zoff 下北沢店、Zoff 自由が丘店、Zoff タカシマヤ ゲートタワーモール 名古屋駅店、Zoff 大丸梅田店、Zoff 大丸札幌店、Zoff オンラインストア
▽特設ページ
 https://www.zoff.co.jp/shop/contents/tamaehirokawa.aspx
▽一般のお客様のお問い合わせ先
 ゾフ・カスタマーサポートTel.0120-013-883(平日10:00〜18:00)

【商品詳細】
■Whale(ウェイル)(ZP192014_14E1)

▽廣川氏コメント
薄くスリット状にくり抜いた骨をブラックの表皮でサンド。
金属のマットな質感と艶がある表情が2層で現れます。

■Machina(マキナ)(ZP192012_56E1)
▽廣川氏コメント
金属の繊細なカッティングでアンドロイドのような目を表現しています。
半艶の薄金仕上げで肌との一体化をイメージしています。

■Pantera(パンテラ)(ZP192013_49A1)
▽廣川氏コメント
メタルの上にパンサー模様のスキンを乗せ、細かく鋲止めしています。
機械的でありながら、野生的な大きなシェイプがポイントです。

■Crustal(クラスタル)(ZP191007_14E1)
▽廣川氏コメント
硬質なボーンをイメージしたメタルフレームに繊細なカットワークを入れ軽さを出しマットな黒塗装で仕上げました。

■Lamina(ラミナ)(ZP191G01_20A1)
▽廣川氏コメント
型抜きされた基盤を透き通る皮膚で覆うイメージのサングラス。
薄層が重なり合うことによってピンクベージュのグラデーションを表現しました。

■オリジナルケースとメガネ拭き

 

【廣川玉枝(SOMA DESIGN Creative Director / Designer)】
2006年「SOMA DESIGN」を設立。
同時にブランド「SOMARTA」を立ち上げ東京コレクションに参加。
第25回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。
単独個展「廣川玉枝展 身体の系譜」の他、Canon[NEOREAL]展 / TOYOTA [iQ×SOMARTA MICROCOSMOS]展 / YAMAHA MOTOR DESIGN [02Gen-Taurs]など企業コラボレーション作品を多数手がける。
2017年SOMARTAのシグニチャーアイテム”Skin Series”がMoMAに収蔵され話題を呼ぶ。
2018年WIRED Audi INNOVATION AWARDを受賞。

◆コメント
骨となる骨格をデザインして、その上に表皮を載せ、眼鏡を掛けることによって新しい体のパーツをもう一つ手に入れられる。そんなイメージで眼鏡をデザインしました。
顔の一部となる眼鏡は、その人の個性を際立たせる重要なアイテム。身体そのものからデザインを発想することによって、性別や年齢を問わず幅広く届けたいと考えました。

 

■会社概要
▽社名:株式会社インターメスティック
▽本社:東京都港区北青山3-6-1 オーク表参道6階
▽代表者:代表取締役社長 上野照博
▽URL:http://www.zoff.co.jp