難聴者と健聴者が共に極上の音楽を楽しむ「オーティコン補聴器 チャリティー コンサート」を初のオンラインで開催

オーティコン補聴器(本社:神奈川県川崎市、プレジデント:木下 聡、以下オーティコン)は、2014 年より「子供から大人まで、難聴者と健聴者が共に極上の音楽を楽しむ」という趣旨のもと、CSR活動の一環として「みみともコンサート」を毎年秋に開催しています。
今年で7回目となる同イベントは、2020年12月11日19時より「オーティコン補聴器 チャリティー コンサート」として開催され、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し初のオンラインで配信されました。

演奏者は、これまでのみみともコンサートでお馴染みのウィーン・フィル管弦楽団の前コンサートマスター、ダニエル・ゲーデ氏とスイスシュー・ゲーデ氏の「ゲーデ・デュオ」(フローリアン・ゲーデ氏も一部出演)が登場し下記の演奏を行いました。

■プログラム:
 ○セザール・フランク ヴァイオリンソナタ イ長調 (FWB8 Sonata Pour Piano et Violin en La majeur)
 ○フリッツ・クライスラーの作品より(Pieces of Fritz Kreisler)
 ○日本の歌メドレー(天城越え、カラマツ、上を向いて歩こう)(Medley of Japanese songs)

今年のコンサートは“チャリティー(社会的な救済活動)”という新機軸を打ち出し、コンサートでの募金による収益は7つの難聴者団体(全国難聴者・中途失聴者団体連合会、全国難聴児を持つ親の会、みみより会、声援隊、特定非営利活動法人 人工聴覚情報学会、一般社団法人 人工内耳友の会 ACITA、日本ろう者サッカー協会(順不同))へ寄付されることになっています。

 

■同社木下プレジデントがコンサートへの思いをコメント
「今年はオンライン配信の特性を生かし、さらに多くの方のご参加を期待しています。
補聴器ユーザーの皆様は、コネクティビティを使用し補聴器に音を直接とばし音楽鑑賞ができます。
当コンサートを通じ、より多くの方に難聴や聴覚ケアについて理解を深めていただくきっかけとなれば幸いです。
視聴者全員で素晴らしい音楽を楽しめることを願っています」

木下プレジデント

なお、当日のコンサートの様子は12月14日より、同社ホームページ内の「オーティコン補聴器チャリティーコンサート」特設サイト(https://www.oticon.co.jp/event/concert)にアップされており、同サイトで視聴できます。
また、同コンサートの趣旨に賛同する人に対しては、チャリティー募金を12月末日まで受け付けている(https://note.com/oticon/n/n7644bfe2d5e8)とのこと。

 

■会社概要
▽名称:オーティコン補聴器(デマント・ジャパン株式会社(英語表記 Demant Japan K.K.))
▽本社:〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館16階
▽設立:日本法人は1973年に設立
▽従業員数:約200名(2020年6月現在)
▽代表:木下 聡
▽事業内容:
 ○補聴器製造及び販売
 ○聴力測定装置等の医療機器の輸入販売
 ○フィッティングソフトウエアサポート