オーティコン補聴器が日本語の特性を考慮した世界初の補聴器フィッティング理論のホワイトペーパーを発表

110余年の歴史を持つ補聴器メーカーのオーティコン補聴器(本社:神奈川県川崎市、プレジデント:木下 聡)は、「日本語の特性を考慮した補聴器のフィッティング理論: VAC-J開発に関する研究報告」と題したホワイトペーパーを2019年5月8日に発表致しました。
これはVAC-Jの研究・開発、製品搭載、フォローアップ検証に至る一連の研究経過を報告書としてまとめた冊子です。

聞こえは非常に個人差があり、補聴器の装用に際しては、聴力や年齢、装用経験その他の条件を鑑み個々人に合わせたフィッティング(調整)が必要です。
その人が聞くことができる最も小さい音の情報をもとに、どの周波数の音をどれくらい補聴器で増幅すると最適な聞こえを提供できるのかを理論と検証をもって考案したフィッティング理論というものが存在します。

現在、世界的に普及している補聴器は主に欧米で開発、製造されている製品が多く、補聴器フィッティング理論についても日本語が含まれない諸言語のLTASS(長時間平均音声スペクトル)を元に開発されており、実際、補聴器メーカーが各言語に特化した補聴器フィッティング理論の開発を行うことは現実的には難しい状況とされてきました。

 

オーティコンではオーティコン補聴器のための独自の補聴器フィッティング理論としてボイスアライメント・コンプレッション(Voice Alignment Compression、以下VAC)を2000年代の初めに開発ししています。
10余年による実績と、テクノロジーの進化と継続的研究調査の成果によってこの理論はVAC+として進化しましたが、この理論もまた欧米言語をもとに開発されたものでした。

しかし日本語は欧米言語とは異なる音響特性を持つことから、日本語を母語とする難聴者により良い聞こえを提供したいという思いのもと、補聴器メーカーとしては初の試みとなる、日本語の特性を考慮したフィッティング理論を改めて開発、検証するVAC-J(VAC for Japanese language)プロジェクトを2014年初夏より始動。

日本国内の大学教授、耳鼻咽喉科医師、コメディカルの人達の協力を得て、基礎研究から臨床研究まで完成に4年もの歳月を費やし生まれたVAC-Jは、日本語の特性を考慮し開発された世界初(*1)の補聴器フィッティング理論です。
一連の研究結果により、日本語を聞き取る際にVAC-Jを使用すると、音声理解を損なうことなく、より快適なフィッティングを提供できる可能性があることが示されました。
これによりVAC-Jでは補聴器の装用率の向上効果が期待されることも示唆されています。

*1 2019年4月現在、VAC-Jは日本の外部機関の研究、日本語言語分析と評価の結果をもとに開発された唯一の日本語用の補聴器フィッティング理論です。

 

■ホワイトペーパー概要
 日本語の特性を考慮した補聴器フィッティング理論
 VAC-J開発に関する研究報告
<目次>
 第1章 補聴器の増幅法
 第2章 オーティコン独自のフィッティング理論
 第3章 日本語の特性を考慮したフィッティング理論開発の経緯
 第4章 研究概要
 第5章 研究詳細説明
 第6章 VAC-Jに関わる一連の研究のまとめ

■同プレスリリースページ
 (同ホワイトペーパーのダウンロードが可能)
 ▽https://www.value-press.com/pressrelease/220629

 

■オーティコン補聴器製品に関する資料請求・問い合わせ
 ▽フリーダイヤル:0120-113321、営業時間9:30~17:30(土、日、祝日を除く)

■オーティコン補聴器取扱店について
 ▽https://pkg.navitime.co.jp/oticon

■オーティコンホームページ
 ▽https://www.oticon.co.jp