金属アレルギーで悩む人に向けたデザイン・技術・アイデアの装飾品を募るコンテスト「第2回目 EQBC2019」を開催!

金属アレルギーの認知度向上を目指した啓蒙活動を手掛けている一般社団法人金属アレルギー協会(所在地:東京都品川区、代表理事:鈴木 久子)は、今回が第2回目となる金属アレルギーで困っている人を救うことを目的とした企画「E Quality of Beauty Contest2019(金属アレルギーコンテスト)」を開催し、現在応募作品を募集中です。

応募期間は2019年7月29日(月)の17:00までで、作品や製品、アイデアのエントリーを受け付けています。
18歳以上であれば、企業 / 個人事業主 / 個人など誰でも応募できます。
エントリーコースは、一般、技術、学生の3部門にわかれています。
特に今年度は学生部門に力を入れており、テーマに沿った「問題解決型」を重視して、アイデアや素材などを駆使して金属アレルギーという社会課題にアプローチしていく審査となります。

【イベントの内容】
金属アレルギーの正しい知識の啓蒙と、販売・製造のための教育認証事業を手掛ける、一般社団法人金属アレルギー協会は、第2回 E Quality of Beauty Contest2019を主催し、デザイン・技術・アイデアを広くWEB上で一般・企業から募集を開始します。
募集部門は一般(デザイン)/ 技術 / 学生の3部門。

年々増加傾向を示し、いまや日本国内で1300万人と言われている金属アレルギー。
金属アレルギーを救うための製品は世の中に色々ありますが、あまり知られていないのが現状です。
しかし意外と手がける企業は少なくありません。
同コンテストは、金属アレルギーという理由でおしゃれを諦めている人たちと、金属アレルギー対応製品やサービスを提供する人たちを結び、“こんなデザイン・素材・技術があったんだ!”という新しい発見の場となる機会の創出を目指しています。
エントリーは無料。

特に本年度は学生部門に力を入れ、テーマに沿った【課題解決型】のコンテストとなり、アイデアや素材などを駆使し、金属アレルギーという社会課題にアプローチしていく審査となります。

審査に関しては、金属アレルギーを救う・優しい、デザイン / 技術 / アイデアによる装飾品(ジュエリー / アクセサリー / メガネ / 腕時計 / 洋服 / 小物)、その他美容関連製品を対象としています。
デザイン性はもちろん、アレルギー対策の効果、効果の安定性(製品バラツキ、長期間使用後)、価格、製品の魅力(美しさ、深み、あたたかさ)、独創性、アイデアの面白さ、応用性(他の製品や他の分野への応用の可能性)などもポイントとなります。

 

【開催概要】
 ▽イベント名:第2回 E Quality of Beauty Contest 2019(EQBC2019) (イークオリティオブビューティーコンテスト)
 ▽募集期間:2019年5月1日(水)~ 7月29日(月)17時まで(公式サイト上)
 ▽結果発表:9月21日(土)公式サイト上
 ▽授賞式:2019年10月29日(火)13時~、京王プラザホテル4F「みんなのアレルギーEXPO2019」内
( http://expo.jeho.or.jp/ )
 ▽参加費:エントリー無料
 ▽授賞式参加:誰でも無料
 ▽各賞:グランプリ、準グランプリ(賞金、賞状、副賞、受賞マークデータ)
 ▽詳細ページ:https://metallicallergy.or.jp/eqbc2019/

【エントリー公式ページ】
 ▽https://metallicallergy.or.jp/eqbc2019/entry

 

【一般社団法人金属アレルギー協会について】
 ▽本社:〒142-0064 東京都品川区旗の台4-9-1-B
 ▽代表者:代表理事 鈴木 久子
 ▽設立:2017年4月
 ▽Tel:03-4405-8600
 ▽URL:https://www.metallicallergy.or.jp/
 ▽事業内容:金属アレルギーの認知度向上を目指した啓蒙活動