メニコンがオルソケラトロジーレンズ「メニコンオルソK」を発売!

株式会社メニコン(本社:名古屋市中区葵3-21-19、代表執行役社長:田中英成)は、4月1日から、株式会社アルファコーポレーション(本社:名古屋市東区泉一丁目8-16)のオルソケラトロジーレンズ「αオルソーK」のOEM商品として「メニコンオルソK」を日本国内限定で発売します。

これまでオルソケラトロジーレンズの販売は、日本国内、海外ともに同社の子会社である株式会社アルファコーポレーションが行ってきましたが、今後は日本国内におけるオルソケラトロジー市場を成長させ、販売拡大につなげる為、同社が販売を行う事になりました。
なお、中国と韓国につきましては、引き続き株式会社アルファコーポレーションにて販売が行われます。

一般的によく知られているコンタクトレンズは、日中に装用することで近視・遠視・乱視等の視力補正を行います。
オルソケラトロジーレンズは、「角膜矯正用コンタクトレンズ」と呼ばれており、特殊な形をしたハードコンタクトレンズを装用することで角膜の中央部を平坦化し、近視を矯正するものです。

就寝時に装用することで角膜形状が矯正され、日中は裸眼で過ごすことができます。
このため、激しい動きが必要なスポーツをされるユーザーや、日中にコンタクトレンズや眼鏡を使用したくないという人が使用可能です。
※効果には個人差があります。

■「メニコンオルソK」の詳細につきましてはHPをご覧ください。
http://www.menicon.co.jp/ortho/
※オルソケラトロジーレンズは、眼科専門医の診察が必要です。

 

【製品概要】
▽商品名:メニコンオルソK
▽承認番号:22100BZX00551A02
▽一般名称:角膜矯正用コンタクトレンズ
▽製造場所:アルファコーポレーション伊那工場
▽使用方法:就寝時に装用
▽DK値:104×10-11 (cm2/sec)・(mLO2/(mL・mmHg))
▽主成分:ケイ素含有メタクリレート系化合物、フッ素含有メタクリレート系化合物、アルキルメタクリレート系化合物、MAA