アイウェアセレクトショップのポーカーフェイスで不要な眼鏡を役立てる「めがねECO RE-USE」キャンペーンを実施中

アイウェアセレクトショップの「ポーカーフェイス」(株式会社ヌーヴ・エイ)は、お客の不要な眼鏡を回収して、社会奉仕団体ライオンズクラブ国際協会を通じて役立てるキャンペーンを「めがねECO RE-USE」を現在実施中です。
実施期間は4月1日(月)から4月30日(火)までで、全国のポーカーフェイスとポーカーフェイス直営オンラインストアにて開催しています。

回収した眼鏡のうち再利用が可能なものは洗浄し、鼻パッド交換やねじ締めなどのメンテナンスを行い、社会奉仕団体「ライオンズクラブ国際協会」へ寄付されます。
また回収された眼鏡は、ライオンズクラブ国際協会のリサイクルセンターにて度数ごとに仕分けられ、世界の中・低所得地域に住む眼鏡を必要とする人々のために最大限に活用されます。

今回のキャンペーンで 眼鏡の回収に協力したお客には、新しく眼鏡を作る際に10%オフが適応されます。

 

【めがねの回収について】
▽本キャンペーンで回収した眼鏡はご返却いたしません。
▽回収の対象は、度付きレンズの入った眼鏡または、サングラスです。
▽だて眼鏡、デモレンズの眼鏡は回収対象外です。

【10%オフについて】
▽フレーム、レンズ一式ご購入の方に限ります。
▽不要な眼鏡をお持ちいただいた当日に限ります。
▽一部対象外があります。そのほかの割引との併用はできません。

【これまでの取り組み】
ポーカーフェイスでは2016年から同キャンペーンを開催。
ライオンズクラブ国際協会へ再利用可能な眼鏡を寄付しています。
▽2016年実績 回収眼鏡:2,049点
 リサイクル可能なものとして寄付した眼鏡:1,597点
▽2017年実績 回収眼鏡:2,165点
 リサイクル可能なものとして寄付した眼鏡:1,676点 
▽2018年実績 回収眼鏡:1,423点
 リサイクル可能なものとして寄付した眼鏡:1,057点

 

【ライオンズクラブ国際協会】
世界最大の奉仕クラブ組織「ライオンズクラブ 国際協会」。
奉仕活動の内容は、保健プログラム(聴覚喪失に焦点を当てた保健プログラム、糖尿病の管理・予防など)青少年ボランティアの育成、地域奉仕および環境プログラム、災害援助など多岐にわたっています。
活動のひとつとして、1925年ライオンズ国際大会に参加したヘレン・ケラーの「盲人のために暗闇と闘う騎士」となって欲しいという訴えから、失明予防や視力サポートを行なう活動を行なっています。

 

【POKER FACE ポーカーフェイス】
POKER FACEは株式会社ヌーヴ・エイが運営する眼鏡のセレクトショップです。
1990年、東京・渋谷に1号店をオープンし、視力をサポートするだけでなく、個性を表現するアイテムとしての眼鏡の魅力をいち早く提案しました。
「上質なスタンダード」をキーワードとして機能とファッション性を兼ね備えたアイウェアをセレクトしており、国内外のアイウェアブランドから、希少なハンドメイドフレーム、ポーカーフェイスだけの独占販売ブランドまで豊富に揃っています。
年齢・性別を問わず「意思のあるスタイル」と「クオリティ」を求める方たちに向けて、優れたアイウェアとともにある上質なライフスタイルを発信しています。

▽公式サイト https://www.pokerface-web.com/
▽オンラインストア https://www.neuve-a.net/POKERFACE/shop/c/c30/