初めての老眼鏡選びに最適な「JINS READING」をリニューアル! さらにオプションレンズも一新し、各世代の視環境をサポート!

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中 仁)は、人気の老眼鏡シリーズ「JINS READING(ジンズ リーディング)」をリニューアルし、2019年2月14日(木)から一部のJINS店舗やJINSオンラインショップ( https://www.jins.com/ )で販売を開始しています。

さらに、ミドル・シニア世代向けの「遠近レンズ」や若年層向けのスマホ使用時やデスクワーク時などの手元を見やすくする「サポートレンズ」もリニューアルし、2019年2月21日(木)から全国のJINS店舗で販売します。
※「遠近レンズ」と「サポートレンズ」は視力測定が必要なため、JINSオンラインショップでは販売しません。

 

■初めての老眼鏡選びに最適なJINS READINGが品質を向上しリニューアル
手元の文字が読みづらくなったと感じて初めて老眼鏡の購入を検討する際、自身が老眼であることへの抵抗感から、店頭に行くまでに心理的ハードルを感じるユーザーが多く存在しています。
また、実際に店頭に行ってもかけたい老眼鏡が見つからなかったり、購入後にかけ心地が悪くて着用をあきらめてしまうという悩みを抱える人もいます。

JINSでは、こうした特に初めてメガネをかけるお客が感じやすい老眼鏡選びの課題を解決すべく、2015年に「JINS READING」を発売しました。
フレームの機能・デザインや、老眼鏡では目新しかったブルーライトカット機能が搭載されていた点が評価され、好評を博しています。
今回のリニューアルでは、従来品よりもさらにフレームとレンズの品質向上を追求し、機能・デザインともに一新しています。

 

■新モデルは高機能でストレスフリーなかけ心地。フレームデザインも豊富
新しい「JINS READING」は、3つの度数(+1.0/+1.5/+2.0)から選べる、視力測定が不要なパッケージタイプです。
歪みが少ない視界で、ブルーライトカットレンズは従来よりさらに黄色味や青いギラつきを抑えた自然な見た目になっています。
ストレスフリーなかけ心地で、軽くて薄く持ち運びにも便利なので、初めてメガネを使用される人でも安心して使うことが可能です。
さらに、フレームの玉型も拡充しており、どんな顔立ちにも合うスタンダードフォルムのオーバル、シャープなイメージでビジネスシーンでもおしゃれを演出するスクエア、よりファッショナブルで若々しいイメージのウエリントン、スタイリッシュで知的なデザインのボストン(オンラインショップ限定商品)の4型を、それぞれ3色のカラーバリエーションで用意しています。
お好みの着用シーン、ファッションに合わせて最適な一本を選ぶことができます。

 

■「JINS READING」新商品概要
▽商品名:JINS READING(ジンズ リーディング)
▽モデル数:4型3色 全12種 各種3度数(+1.0/+1.5/+2.0)
▽発売日:2019年2月14日(木)
▽価格:¥5,000(+税)
▽販路:一部JINS店舗、JINSオンラインショップ
 ※ボストンのみJINSオンラインショップ限定販売

 

【商品詳細】
●メガネに慣れていない人もかけやすいフォルム

頭部に自然に沿うようにカーブした独自のフレームデザイン。
しなやかな弾力性のある素材で、1人ひとりに合ったフィット感を実現しています。

●軽量素材TR-90使用
軽くて柔軟性と復元性に優れた樹脂素材を使用することで、優しいかけ心地に。

●すっきりとした細身のフレーム
ボリュームをおさえた細身のフレームは、メガネをかけた時の顔の印象を大きく変えないように配慮。
カジュアルすぎず、大人の顔に合う知的なデザインです。

●調整可能なラバーモダンを採用
つるは調整できるのでずれにくく、自分にぴったりのかけ心地に。

●洗練されたノーズパッド
すっきりとした見た目のやわらかくて肌当たりの良いデザイン。

●持ち運べる薄さ
ポケットにも入る薄さなので、普段使いやお出かけにもぴったり。

●フレームカラーに合わせた蝶番
フレームに合わせ蝶番のカラーも変えて、ちょっとしたワンポイントに。

●ブルーライトカット機能を標準搭載
歪みが少ない視界。ブルーライトカットレンズは、従来品よりさらに黄色味や青いギラつきを抑えた自然な見た目になりました。
紫外線も99%以上カット。

●シーンや気分に合わせて選べる豊富なラインナップ
▽Oval(オーバル):品性とやわらかさを感じるデザイン。
▽Square(スクエア):シャープなイメージで、フォーマルに最適。
▽Wellington(ウエリントン):若々しくておしゃれなクラシックスタイル。
▽Boston(ボストン):よりスタイリッシュで、知的な印象のデザイン。

Oval(オーバル)
Square(スクエア)
Wellington(ウエリントン)
Boston(ボストン)

 

 

【あらゆる世代の過酷な視環境をサポートするオプションレンズ】
また、現代のネット社会においては、年齢を問わずPCやスマホを見る時間が長く、私たちの眼を取り巻く環境は過酷です。
そこで、「JINS READING」とともに、世代や使用シーンに応じて手元の視環境をより快適にするため、用途に応じて好みのフレームに組み合わせることができるオプションレンズもリニューアルしました。

■遠近レンズ
メガネのかけ外しがなく、遠くも手元もよく見えるように、1枚のレンズ内で上部から下部にかけて徐々に度数が変化する「遠近レンズ」は、従来品より歪みが気になりにくい設計にリニューアル。
使用するユーザーの眼の状態や暮らし方、見たい距離や用途に応じて、最適なレンズを提案できるようになりました。
どんな度数設計のレンズでもフレーム価格+一律¥5,000(+税)で提供している点も、JINSならではのお得なサービスといえます。

■サポートレンズ
また「サポートレンズ」は、スマホやPC作業などが長く続き、眼の疲労や加齢によっておこる手元の見えにくさを、緩やかな度数の加入で見やすくするレンズです。
違和感なく使えるよう、弱い度数の加入をレンズの中心より下方部に配置することで、手元のピント調節力をサポートします。
従来品より歪みを抑えた新レンズは、普段眼を酷使している人におすすめです。

 

【「遠近レンズ」「サポートレンズ」新商品概要
▽商品名:遠近レンズ/サポートレンズ
▽発売日:2019年2月21日(木)
▽価格:お好きなフレーム+¥5,000(+税)
※ブルーライトカット機能付きレンズへの交換は+¥10,000(+税)
▽販路:全国のJINS店舗
※視力測定が必要なため、JINSオンラインショップでは販売しません。
※お渡しには10日間ほどかかります。

 

【遠近レンズ 商品詳細】
○年齢や日々の暮らし方に合わせた最適なレンズをご提案
お客の眼の状態や暮らし方、見たい距離や用途に応じて、最適なレンズを提案。

■CASE 1:遠用重視タイプ
 40代男性・老眼少し・運転する(遠方視多い)

■CASE 2:中間近用重視タイプ
60代女性・老眼強い・家の中の時間が長い

○どんな度数でも一律+¥5,000(+税)。歪みが少なくクリアな視界
JINSの遠近レンズは、どんな度数でも+¥5,000(+税)で作成可能です。
新レンズは、従来品より歪みが気になりにくいレンズ設計を採用しています。

左:旧レンズ、右:新レンズ

 

【サポートレンズ 商品詳細】
○弱い加入度数で歪みが少なく、手元を見やすくサポート

違和感なく使えるよう、弱い度数の加入をレンズの中心より下方部に配置することで、遠くを見る時でも、メガネを外す必要がありません。
はじめての人も慣れやすい見え方なので、遠近レンズのエントリーモデルとしても最適。
スマホやPCなど近くを見る時間が長い人や、夕方や週末近くなど、時々近くが見えづらいと感じる人などにおすすめです。

 

【メガネの選び方】
手元の見えにくさを感じたら、メガネの購入を検討しましょう。
下のチャートで、自分に合ったレンズがわかります。