設立80周年の老舗レンズメーカーTALEX(タレックス)が、『80歳のためのサングラス』を予約注文開始!

TALEX(タレックス)は、2018年に設立80周年を迎えた老舗レンズメーカーです。
眼鏡レンズ発祥の地、大阪・田島町で生まれ、世界で唯一の偏光レンズメーカーとしてこだわりの製品づくりを貫いてきました。

今回「80周年」を記念して挑戦したプロジェクトは、「80歳のためのサングラス」です。
TALEXブランドの製品は、その「偏光」性能の確かさから各界のプロフェッショナルをはじめ、登山、釣り、ドライビング…などの様々なジャンルの趣味人から定評を受けていますが、同社にとって「シニア用」のコンセプトは初めての挑戦となります。
高齢者のために必要なレンズ性能とは何か? 
使い勝手の良いフレーム形状とは? 
一般的なサングラスにさまざま付加価値を載せるべくプロジェクトチームが立ち上がりました。

同企画では、全国に有料老人ホームを展開する「ロングライフホールディングス」の協力のもと、男女5名のモニターが参加し、サングラスに対する座談会を同社が実施しました。
目の専門家である「北浜のハマダ眼科(大阪)」眼科院長の濱田恒一先生も同席し、参加者に対して目とサングラスの関係性について詳しく説明してもらうところから座談会がスタートしました。

( 座談会にて、白内障について説明を行う濱田先生 )

座談会では、モニターとなる参加者たちが各自で選んだ既製モデルをベースに、レンズ色やコーティングなどに改良を加えていきます。
しかし最近のシニアは「ファッション性」にもとても興味を持っており、昔ながらの“老人仕様”では満足がいかない様子です。
フレームデザインやカラーリングにもアレンジを加えて、ようやく完成したのが今回の製品です。

女性が選んだOZNIS「FLAT02」
メガネの上から着用可能なオーバーグラス

完成品の「シニア向けサングラス」は、男性用、女性用、そしてメガネの上から着用可能なオーバーグラスモデルから各1種の計3タイプとなります。
そしてこのの「シニア向けサングラス」は、12月下旬から予約注文を開始しました。

 

また前述の座談会では、 参加者が自分用にそれぞれ作ったサングラスを着用して、写真撮影会を開催しました。
すると参加者らは、サングラスを掛ける前と掛けた後の自分のポートレート写真を見て、口々に「もう、ビックリ!」「自分じゃないみたい!」…と目を丸くして驚きを隠せない様子でした。

本格的な撮影に参加者たちは緊張した様子。

 

プロジェクト進捗の様子や、使用前使用後のモニター写真はTALEX公式ホームページ内で見る事が可能です。
同プロジェクトの公式ホームページで、80歳のREBORN(生まれ変わった驚き)の姿を確かめてみてはいかがでしょうか。

【80歳のためのサングラス。】https://talex.co.jp/senior-project(ページ内で予約注文可能)

【TALEX公式ページ】
https://talex.co.jp