ドイツの老舗アイウェアブランド「CAZAL」のニューモデルが『第22回 日本メガネ大賞2019グランプリ』を受賞!

国内外で毎年秋冬に発表される新しいフレーム・サングラスの中からデザイン・機能が最も優れている製品に贈られる業界屈指のデザインアワード「日本メガネ大賞」。

そのサングラス部門において、ドイツの老舗アイウェアブランドCAZAL(カザール)のニューモデル「9077」が選出されました。


◆日本メガネ大賞とは
日本メガネ大賞は、国内外より応募があった今秋冬発表の新フレーム・サングラスの中から、デザイン・機能が最も優れている製品に贈られる業界屈指のデザインアワードです。
審査・選考は、日本メガネ大賞審査委員によって行われます。
「メンズ部門」「レディース部門」「キッズ部門」「サングラス部門」「機能・技術部門」の5部門それぞれ3製品選出され、さらにその中から部門ごとにグランプリ一つが選ばれます。
https://www.ioft.jp/ja-jp/Concurrent-Events/award.html

◆【CAZAL(カザール)】とは
CAZALはデザイナーのカリ・ツァローニが1975年に創業したドイツのアイウェアブランド。
デザイン構造主義「バウハウス」に影響を受け、建築物のような造形や大胆な装飾を取り入れた斬新な試みは、アイウェア界に革命を起こしました。
伝統的な職人の技を維持し機能性も抜群。
1980年代、マイケル・ジャクソンやM.C.ハマーなどが愛用したことでブラックカルチャーのシンボルとなり、爆発的にヒットしました。その魅力は今も衰えることなく、世界中のアーティストやセレブリティに愛され続けています。

◆近年のCAZALブームについて
2004年、過去の伝説的なモデルを復刻した「カザール レジェンズ」が誕生。クラシック回帰の起爆剤となり、ビヨンセやジェイ・Z、BIGBANGのメンバーG-DRAGONなど、新しいポップスターやセレブリティが愛用し注目を集めました。
日本国内でも香取慎吾さんやEXILEのメンバーなど数多くのスターに着用されることで、新たなCAZALブームを巻き起こしています。

◆受賞モデルCAZAL「9077」
CAZAL「9077」は、ツーブリッジのクリップオンのような造形が特徴のサングラス。
平面になりがちな日本人のフェイスを立体的に表現することができる独創的なデザインには、CAZALらしい極上のセンスが光ります。
ラグジュアリーな印象と機能性を維持しながら、次世代のファッションリーダーの心をつかむ圧倒的な存在感が魅力です。

◆国内唯一のCAZAL(カザール)総代理店エイトオプティク
エイトオプティクはCAZAL社と同じ1975年創業に創業のアイウェア専門商社です。
CAZALをはじめたくさんの優れたアイウェアを40年にわたり、日本の眼鏡業界へ紹介しています。

新しいアイウェアがファッションの世界で大きく羽ばたく瞬間をいつもワクワクしながら新作を日本に届けている同社は、この度、CAZALのアイウェアだけを取り扱う公式通販サイトをオープンしました。

■CAZAL公式オンラインショップ
URL: https://www.cazal-shop.jp/