メガネスーパーがコンタクトレンズの即日配送サービス提供店舗を42店舗へ拡大

株式会社ビジョナリ―ホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:星﨑尚彦)の子会社である株式会社メガネスーパー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:星﨑尚彦)は、日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」(https://demae-can.com)を通じて、コンタクトレンズの即日配送サービスを42店舗に拡大し、8月29日(水)から開始しています。

メガネスーパーは、2014年6月、眼の健康寿命を延ばすための解決策を提供する企業として「アイケアカンパニー宣言」を掲げ、アイケアサービスを通じてお客様固有に異なる眼の状況やライフスタイルに合わせた最適なメガネ・コンタクトレンズの提供と、アイケアに注力した商品・サービスの拡充を図ってきました。
コンタクトレンズ販売においては、豊富な品揃え・大量在庫によるスピード販売と定期宅配といった利便性の高いサービスにより、利用客からも多くの支持を得ており、実績も好調に推移しています。

この即日配送サービスは、お客の利便性向上の一環として同社が導入したもので、2016年10月から都内高田馬場本店、渋谷松濤店で開始しました。
その後、新宿中央東口店を加えた3店舗で、店舗から半径約3キロの指定地域にコンタクトレンズの即日配送を行ってきました。
今回は、その対象店舗を全国42店舗に拡大し、8月29日(水)から開始をすることで、お客の更なる利便性向上を図っていくとしています。

今回は、そのサービスの対象店舗を全国42店舗に拡大することで、お客の更なる利便性向上を図っていくとしています。
なお、今回サービスの拡大をおこなった42店舗の内21店舗では、「出前館」のシェアリングデリバリーが採用されることになっています。
このサービスは、「出前館」サイトにて注文後、2時間以内に自宅や宿泊先をはじめとした指定の場所に購入したコンタクトレンズが届られるもの。
これは「出前館」が連携している、地域に精通した新聞販売店などのデリバリー機能を活用するもので、どの店舗でも迅速かつ確実な配達が可能になるということです。

同社では、今回の即日配送サービス拡大を通じて、デリバリーサービスに対して関心が高いアクティブユーザーを266万人(2018年7月末時点)を有する「出前館」のユーザー層を新たな顧客として取り込んでいきたいとしています。

同社では今後、この即日配送サービスの対象店舗やエリアを随時拡大していく予定だそうです。

コンタクトレンズ販売においては、引き続き販売チャネルや方法の多様化を模索し、これまでの業界慣習や既成概念にとらわれない展開を行うことで、お客の利便性向上を追求いくとしています。

■サービス実施店舗
※順不同

【東京】
渋谷店、高田馬場店、新宿中央東口店、八重洲日本橋店、四谷駅前店、秋葉原駅前店、神楽坂店
西葛西店、上野広小路店、梅屋敷店、五反田店、吉祥寺ダイヤ街店、中野サンモール店

【神奈川】
川崎新川通り店、鶴見店、藤沢南口店、金沢文庫店

【千葉県】
船橋店、千葉おゆみ野店、行徳駅前店、稲毛店

【埼玉県】
大宮店、武蔵浦和駅ビル店、所沢プロペ通り店、春日部店、北本二ツ家店、さいたま宮原店、桶川若宮店

【大阪府】
NAMBAなんなん店

【兵庫県】
姫路みゆき通り店

【愛知県】
テラスウォーク一宮店、名古屋平針・原店、名チカ店、名古屋大須店

【福岡県】
天神総本店

【熊本県】
熊本東バイパス店、熊本下通店

【静岡県】
浜松高丘店

【新潟県】
新潟新和店

【山梨県】
甲府店

【宮城県】
仙台クリスロード店

【福島県】
福島矢野目店

■宅配に関して
▽宅配エリア:対象店舗から半径約3キロの指定地域
▽最低注文条件:1商品~ ※配達料除く
▽配達料:税込500円 ※税込7,000円以上の注文で配達料無料

■「出前館」について
「出前館」はアクティブユーザー数266万人、16,874店舗以上(2018年7月末時点)の加盟店を有する、自宅やオフィスで食事をする際に便利な日本最大級の宅配ポータルサイトです。
サイトに訪れるユーザーは、ピザ・弁当・中華・寿司・洋食・和食・エスニック・カレー・ハンバーガー・デザート・酒・ネットスーパーなど、多数のジャンルの出前サービス店舗から、メニューや”現時点でのお届けまでの待ち時間”等の情報を見て、特典付きで注文をすることができ、月間約50億円の出前が「出前館」を通じて行われております(2017年7月~2018年6月末までの平均値)。
注文してから最短20分で商品が届くというスピード感のあるインターネットショッピングサイトです。