福井県陶芸館春期特別展「明治時代のふくいー近代のくらしとやきものー」が4月7日から開催されます

福井県越前町にある福井県陶芸館では、春期特別展示として4月7日(土)~6月3日(日)まで、『明治150年記念 明治時代のふくい―近代のくらしとやきもの―展』を開催します。

平成30年は、明治元年から起算して150年の節目にあたります。
これを受けて、同館では県内で作られたやきものに焦点をあて、代表的な窯元である日渉園、葵園、氷坂焼などの製品を紹介します。

越前焼は県内の伝統的工芸品として有名ですが、これまでの焼締陶器にとらわれない新しいやきものへの挑戦が伺えます。
また、JR福井駅前の発掘調査で発見された汽車土瓶や駅売りの牛乳瓶、眼鏡や煙管、迷子札など、くらしの道具もあわせて約140点をご紹介し、同展示を見てもらうことで、明治時代のふくいを身近に感じてもらうのがこの企画の趣旨だそうです。

 

 

■開催期間
▽2018年4月7日(土)~6月3日(日)

■会場
▽福井県陶芸館 資料館 企画展示室(福井県越前町小曽原120-61)

■入館料
▽一般300円・高校生以下無料(団体30名以上は2割引))

■問合せ先
▽福井県陶芸館
▽TEL/0778-32-2174
▽URL:https://www.tougeikan.jp/