シーメンス補聴器でおなじみの企業、シバントス株式会社の代表取締役社長が交代

シバントス株式会社(本社:神奈川県大和市)は、2月2日に人事に関するプレスリリースを公表し、これまで代表取締役社長を務めてきた芳賀圭子氏が一身上の都合により2月1日をもって退任し、同日、笠原哲治氏がシバントス株式会社の代表取締役社長に就任したことを発表しました。

新社長の笠原哲治は医療業界での豊富な経験と実績を活かして、シバントスの経営を引き継ぐことになりまます。

■新社長の経歴
▽氏名:笠原 哲治 (かさはら てつじ)
▽生年月日:1963年1月19日
▽出身地:東京都
▽最終学歴:Albright College(米国・ペンシルバニア)
▽職歴:
1990年 AT&T Jens株式会社入社
1998年 ボストンサイエンティフィックジャパン株式会社入社
2008年  株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン入社
2018年  シバントス株式会社代表取締役社長として入社

■シバントスグループについて
2015年に旧シーメンスオージオロジー部門がシバントスグループに統合されました。
約140年の歴史がある旧シーメンスオージオロジーをベースとしたシバントスグループは、ドイツ発のエンジニアリングと多数の世界的なイノベーションを持ち聴覚ケア業界をリードする5,000人以上の従業員をもつ世界的なメーカーです。
シバントス社のグローバルセールスは、世界 95ヵ国の聴覚ケアスペシャリストとセールスパートナーに製品を供給しており、特に製品開発に重点を置いています。
シバントス社は、Signia, Siemens, Rexton, AudioService, A&Mといったブランドを通してマーケットリーダーとなることを目指しています。
詳細は web で見る事ができます。
https://www.sivantos.com