今年も「ビクセンオリジナル天体カレンダー」が出ました

天体望遠鏡や双眼鏡などを製造・販売している総合光学機器メーカーの株式会社ビクセンが、同社が毎年年末前に発売している「ビクセンオリジナル天体カレンダー」の2018年版を、今年も11月30日に発売しました。

そしてその記事用サンプルが、先日自分の手元にも届きました。

(サンプルをお送りくださった営業のTさん、ありがとうございました)

このカレンダーには、同社が募集した公募によって集まった天体写真の中から選ばれた、選りすぐりの天体写真が毎月の上半分を飾っています。

写真の選考を行ったのは、田村市星の村天文台(福島県)の台長で天文ジャーナリストの大野裕明氏で、同氏の評価コメント付きで掲載されています。

今年(2017年版)のカレンダーに続き、今年も某有力眼鏡卸商社に務めているあのお方の写真が入選して、5月を飾る写真として使われていたりもします。

 

カレンダー部分には、月ごとの見やすい天体や惑星の観測状況のほか、日ごとの月齢、月や太陽の出入時刻、天文現象など、天体観測に必要な情報も掲載されています。

価格は1,700円(税別)となっています。

販売店一覧

https://www.vixen.co.jp/shop/index.html

ビクセン オンラインストア

https://www.vixen-m.co.jp/

 

ビクセンWEBページ

https://www.vixen.co.jp/