物販・飲食店のサービスレベルを調査し優秀店舗を発表する 『サービス オブ ザ・イヤー2018』でメガネのウインク北見店が受賞!

株式会社商業界(所在地:東京都港区、代表取締役社長:中嶋正樹)は、物販4945店、飲食588店のサービスレベルを調査し、それぞれのグランプリ、優秀店舗を発表する商業界8月号別冊『サービス オブ ザ・イヤー2018』を、2018年6月30日(土)に発刊しました。

この本は、誌面に各賞の受賞店舗の取材記事、エリア・業態・立地などを切り口にした専門家による傾向分析などを掲載し、最新の小売・サービス業のトレンドを知るうえでも、欠かせない一冊となっています。

今回の『サービス オブ ザ・イヤー2018』では、物販部門(調査対象店舗:1063社4945店)のフルサービス部門賞において北海道北見市にある「メガネのウインク北見店」が眼鏡小売店として唯一賞を受賞しました。
眼鏡業界では過去に全ての賞の頂点である総合グランプリを2014年にJINSルミネマン渋谷店が、2016年に眼鏡市場 佐賀兵庫店がそれぞれ受賞しています。

■「サービス オブ ザ・イヤー」とは
同イベントは、抜き打ちで専門の調査員が訪店して買物を行い、接客や売場づくりなど店舗のサービスレベルを評価する〝覆面調査(ミステリーショッピング)〟による店舗コンテストです。
2014年から毎年開催し、参加店舗数は初回が1661店、第2回が2145店、第3回が2929店、第4回が3330店、そして今回から飲食部門が新たに加わり、物販4945店、飲食588店となり、エントリー数は2017年の1.5倍に増えました。

▽「サービス オブ ザ・イヤー」特設ホームページ
http://soy.ajis-group.co.jp/
(※上記サイトは昨年度のもので、今年度版を近日中に公開予定だそうです)

【調査概要】
▽調査期間:2017年11月10日㈮~12月20日㈬
▽調査対象店舗:物販部門・1063社4945店、飲食部門・178企業588店
▽調査を行う業態:GMS(日本型スーパーストア)/衣料品専門店(紳士服・婦人服・子供服)/100円ショップ/ 雑貨店/ドラッグストア/コンビニエンスストア/スーパーマーケット/ホームセンター/ディスカウントストア/家電量販店/書店/CDショップ/玩具店/眼鏡店/家具店/自転車販売店/手芸専門店/服飾専門店/リサイクルショップ/その他専門店/レストラン・居酒屋・ファストフードなどフードサービス店
▽調査機関:エイジスリサーチ・アンド・コンサルティング株式会社(所在地:千葉県千葉市、高岸郁亮代表取締役社長)
▽調査員:エイジスリサーチ・アンド・コンサルティング所属の専門調査員

【受賞店舗一覧 物販部門】
▽総合グランプリ:ファンケル ビューティ&ヘルス マロニエゲート銀座2店
▽セルフサービス部門賞:ナチュラルハイ北見店
▽フルサービス部門賞:メガネのウインク北見店
▽総合スーパー部門賞:アピタ 君津店
▽スーパーマーケット部門賞:サニーマート衣山店
▽ドラッグストア部門賞:杏林堂薬局西鹿島駅前店
▽ホームセンター部門賞:ホームセンターセキチュー川越南古谷店
▽売場づくり大賞:ニトリ新発田店
▽ホスピタリティ大賞:紳士服コナカ鎌ヶ谷店
▽ハイレベル接客スキル大賞:ハウス オブ ローゼ 千葉マリンピア店
▽レジ・チェッカー大賞:スウィートファクトリー イオンモール大高店
▽CS大賞:ゲンキ・キッズプラス ユニモちはら台店

【受賞店舗一覧 飲食部門】
▽総合グランプリ:おひつごはん四六時中 イオンモールつくば店
▽ファストフード部門賞:モスバーガー イオンモール堺鉄砲町店
▽テーブルレストラン部門賞:ロイヤルホスト 長崎駅ビル店

 

■媒体概要
▽商業界8月号別冊『サービス オブ ザ・イヤー2018』
▽発行所:株式会社商業界
▽判型:A4変形判
▽ページ数:128ページ
▽発売日:2018年6月30日(土)
▽定価:1,728円(税込)
▽本体価格:1,600円
▽雑誌コード:04430-8

▽株式会社商業界ホームページ https://www.shogyokai.co.jp/