ビクセンが夏の自由研究にぴったりの『手作り星座早見盤PP』を6月8日に発売

総合光学機器メーカー株式会社ビクセン(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:新妻和重)は、2018年6月8日に『手作り星座早見盤PP』を発売します。

この星座早見盤はパーツを切り抜き、組み立てて使う星座早見盤です。
ハサミやカッターは不要なので、子供でも10分程度で安全に組み立てることができます。

素材には、雨や霧などに強く、とても丈夫な“PP(ポリプロピレン)シート”を使用。
アウトドアでの観察でも抜群の耐久性なので、夏休みの自由研究で大活躍します。
イベントのワークショップなどにも活用できる、オススメの新製品です。

シートの余白には、夜空に見つけやすい星の名前と星座の名前、主な流星群の一覧が掲載され、切り取って栞(しおり)として使用できるようになっています。

 

また、付属の“月の大きさスケール”は、昇り始めの大きく見える月も、昇って小さく見える月も実際は同じ大きさ、ということがわかる実験ツールです。
時間帯や日にちを変えて、何度も観察する楽しみを生み出すツールとなっています。

 

『手作り星座早見盤PP』

【仕様】
▽材質:PP
▽サイズ:297x210mm(完成時:150x16mm突起部除く)
▽重量:約40g
▽発売日:2018年6月8日(金)
▽料金:オープン
▽製品ページ https://www.vixen.co.jp/product/35952_3/

株式会社ビクセンでは、同社が企画・協力・協賛しているイベントを以下のページでお知らせしています。

▽株式会社ビクセン  https://www.vixen.co.jp/
▽facebookページ   https://www.facebook.com/tonakaifanpage

また、ビクセンでは星空観望会を始めとする「星を見せるイベント」各種の依頼を随時募集しています。
https://www.vixen.co.jp/event/event_info.html

 

<株式会社ビクセン 会社概要>
▽代表取締役 新妻和重
▽創業1949年  本社 埼玉県所沢市
▽天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、フィールドスコープ、ルーペなどの設計、製造を行う光学機器メーカー