9月25日開業の日本橋高島屋・新館に2つの眼鏡専門店がオープン予定

株式会社髙島屋は、5月28日にプレスリリースを発表し、2018年9月25日(火)に開業が予定されている日本橋髙島屋S.C.新館(専門店)についての詳細を公表しました。

現在開業している本館(百貨店・専門店)・ウオッチメゾン(百貨店)・東館(百貨店・専門店)に加え、新たに新館(専門店)がオープンする事で日本橋髙島屋は4館体制となり、約66,000㎡の新・都市型ショッピングセンターとなります。

これにより髙島屋グループが推進している「まちづくり戦略」を象徴する事業の「日本橋髙島屋S.C.」が誕生します。

 

5月28日に発表されたプレスリリースには、新館に入店予定のショップリストも掲載されており、その中には2店舗の眼鏡専門店の名前も記載されています。

プレスリリース

日本橋髙島屋S.C.新館の2階には、「999.9 selected by GALA」(運営企業:ジャパンオプティカル株式会社)が出店。
この「999.9 selected by GALA」は、都市の生活を楽しむハイセンスな大人のためのアイウエアショップ。
店内は白で統一された空間で、洗練されたフォーナインズのバリエーションを落ち着いた雰囲気で見ることができます。
独立した対面式のフィッティングスペースや最新の測定機器など、フォーナインズが考える理想の眼鏡環境を叶えるためのユーティリティーも完備。
眼鏡選びからメンテナンス、アフターフォローまで、すべての過程において心ゆくまで堪能することができるショップになるそうです。

また日本橋髙島屋S.C.新館の5階には、商業施設初出店となる「コンティニュエ日本橋」(運営企業:株式会社コンティニュエ)が出店。この「コンティニュエ日本橋」は、恵比寿南にある眼鏡・サングラスを中心としたセレクトショップ「コンティニュエ」の姉妹店。
こだわりの商品セレクトとお客様視点のプロフェッショナルサービス
を追求したセレクトショップを目指しています。
オリジナルブランド「ARCH OPTICAL」もスタート予定だそうです。

 

なお2018年9月25日(火)に開業が予定されている日本橋髙島屋S.C.新館と本館ガレリアには、日本初上陸や商業施設初出店などを含めた感度の高い専門店、計114店舗が出店予定となっています。 (※2018年5月28日(月)時点)

 

■日本橋髙島屋S.C.について

日本橋髙島屋S.C.は、百貨店建築として初めて国の重要文化財に指定された「本館(地下2階~8階)を残しながら、2018年9月25日(火)に中央通り側の開発地区低層部に「新館(地下1階~7階)」をオープンします。

これにより、2018年春に先行開業している東館(4階~5階)」や、2015年に開業した「ウオッチメゾン」(1階~2階)を加えた全4館で構成される商業施設となります。

 

【 「日本橋髙島屋S.C.」全体コンセプト】
~「美しい暮らしスタイル」を発信する店~

髙島屋が長きにわたり大切にしてきた「暮らしの提案」を、時代性を加味しながら更に磨き上げ日本橋髙島屋S.C.から発信することで、人々の暮らしに潤いと彩りを添える「美しい暮らし」を実現します。
【想定ターゲット】
▽全国から来店する「髙島屋日本橋店」既存のお客様
▽増加傾向にある近隣商圏のオフィスワーカーや居住者
▽日本橋地区全体で流入が増加している国内外のツーリスト

■専門店ゾーンの構成について
“日本橋生活者のための場の提供“をコンセプトとした専門店ゾーンは、日本橋エリアを生活拠点とし、暮らしを慈しみ楽しむ人々=「日本橋生活者」に職場でも家でもないサードプレイスとして心地よく過ごせる場所として、新館地下1階から地上7階、本館1階ガレリアに、日本初上陸や商業施設初出店も含めた計114店舗のラインナップを実現させています。

 

■専門店舗数

 

■専門店ゾーン各フロアの説明

 

■S.C.オープン予告ムービーについて
日本橋髙島屋S.C.の誕生に先駆け、S.C.オープン予告ムービーを2018年6月13日(水)より特設サイト(URL:www.takashimaya.co.jp/nihombashi/)で公開します。
日本橋二丁目地区の変遷、そして当社グループが掲げる「まちづくり戦略」の要となる日本橋髙島屋S.C.が誕生する軌跡を、ミニチュア写真家として著名な田中達也さんとCG作家の森江康太さんが映像化。
女性ボーカルグループ「Little Glee Monster」のオリジナル楽曲を合わせ、ミニチュアの世界観の中で日本橋の街が変わっていく姿を表現しています。
8月には第2弾、翌年2019年3月には第3弾が順次公開予定となっています。