豆のようなメガネ『edamawear』が登場!

スーパーマーケットカカム(店長:カカム マサナリ)は、「食材」をテーマにしたアートプロジェクトの最新作として『edamawear ~edamame + eyewear~』という、外見が枝豆のようなメガネを2018年5月11日(金)にWEBサイト( https://www.supermarketkakamu.jp/edamame.html )に公開しました。

サイトでは、最新作『edamawear ~edamame + eyewear~』のプロダクトおよびビジュアルを見ることが出来ます。

■概要
▽テーマ食材:枝豆
▽作品名  : 『edamawear ~edamame + eyewear~』
▽作品説明 : 枝豆のようなメガネ
▽企画・制作: スーパーマーケットカカム
▽作品URL  : https://www.supermarketkakamu.jp/edamame.html

■『edamawear』とは?
『edamawear』は、枝豆のようなメガネ(eyewear)と、枝豆のサヤのようなケースに入ったプロダクトです。
作品名は、edamameとeyewearを組み合わせたので『edamawear』です。

■『edamawear』の特徴は?
1つのサヤに入った、2つぶレンズのメガネです。
枝豆は、みんな形が似ているようで微妙に異なります。『edamawear』も、メガネの形がみんな似ているようで、それぞれに個体差があります。
さらにケースの質感は、まさに枝豆のサヤそのものです。

■スーパーマーケットカカムとは?
店長のカカム マサナリが、2011年に活動開始した「食材」をテーマとしたアートプロジェクト。
「あなたのワクワクのスーパーマーケット」をモットーに、枝豆、ぷりん、食パン、バナナ、いわし、トマト、キャベツ、味噌、肉、せんべい、冷凍食品など様々な食材アートを制作する。
世の中をたくさんワクワクさせるために、テーマとする「食材」100種類を目指してアートを制作・発表する活動を続けている。

■カカム マサナリとは?
▽スーパーマーケットカカム店長/アートディレクター
1990年岐阜県生まれ。
2014年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。
2011年から「食材」をテーマにしたアートプロジェクト「スーパーマーケットカカム」の活動を開始する。
同プロジェクトを通して、世の中をたくさんワクワクさせるために食材アートの制作に取り組む。