三井住友カードと米国Dynamics Inc.が、世界初「ロック機能付きクレジットカード」の近日発行を発表

三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 健、以下:三井住友カード)とDynamics Inc.(本社:米国ペンシルベニア州ピッツバーグ、CEO:Jeffrey Mullen)は、今日から米国のラスベガスで開催されている世界最大規模のエレクトロニクスショー「CES(Consumer Electronics Show 2018」の会場において、世界で初めてとなる「ロック機能付きクレジットカード」を今年(2018年)に日本市場で展開する計画を発表しました。

この新型カードには、LEDランプや液晶、番号を入力するタッチ式ボタンが搭載されており、カードを利用する都度、カード上のタッチ式ボタンでカード所有者が設定したパスワードを入力して起動させる必要があるのが特徴。

起動させると液晶にカード番号が表示され、表示中のみ、磁気ストライプ・ICチップの機能がアクティベートされ、店頭決済はもちろん、インターネット決済でもカードを利用することができるようになるそうです。

またカード利用後は、液晶のカード番号が非表示となり、磁気ストライプ、ICチップの機能が停止するため、カードが利用できなくなるそうです。

カードをアクティベートするためのパスワードは、カードを受け取り後、カード所有者が設定することができるとのこと。

パスワードの設定は、設定したいパスワードを2回入力するだけであり、わずか数秒で設定が完了するそうです。

 

このカードは、従来の決済インフラや加盟店システム(端末等)で利用できるため、カード所有者は既存のVisa加盟店で通常通りカードを利用することができるということ。

 

「CES2018」において、三井住友カード執行役員商品企画開発部長の神野雅夫氏は、「本日、日本市場で展開する予定の世界で最もセキュリティーが高い決済カードを紹介します。この新型カードは業界初の仕組みを採用しており、店頭・インターネット等の全ての決済において最高クラスのセキュリティーをもたらします。」と発表しています。

またDynamics Inc.CEOのJeffrey Mullenは、「私どもは、日本市場へこのような革命的な決済の体験を三井住友カードと共に届けることを大変うれしく思います。これはまだ最初の一歩です。この新型カードを通じて、日本の消費者に新しい価値をお届けし、三井住友カードと共に今後も更なる価値ある商品を提供してまいります。」とコメントを発表しています。