2018年お正月三が日のテレビCM動向が発表に

こんにちは。

まだまだ正月ボケが抜けきらないTHE EYES編集長です。

 

先日、株式会社ビデオリサーチが、関東・関西・名古屋の各民放5局を対象にしてテレビCMのオンエア状況を調査している「テレビ広告統計」データを元に、今年の正月三が日(2018年1月1日~3日)の間に関東地区でオンエアされたテレビCM動向をまとめて発表しました。

 

2018年の初めに、どのような商品や企業が攻めのPRをしていて、どんなタレントが企業イメージを担うキャラクターとして注目されていたのか・・・。

THE EYESの読者である眼鏡業界の方々が、今年の仕事を進めていく上での雑学となれば幸いです。

 

 

結果は以下のとおりとなっています。

■タレント別出演CM本数

▽1位 斎藤 工
▽2位 出川 哲朗
▽3位 桐谷 美玲

■企業別CM本数

▽1位 ダイハツ工業
▽2位 東建コーポレーション
▽3位 バンダイナムコエンターテインメント

■商品・サービス別CM本数

▽1位 東建コーポレーション(ホームメイトのサービス紹介や企業広告)
▽2位 コナミホールディングス
▽3位 ネットマーブルジャパン リネージュ2 レボリューション


今年の正月三が日には、企業数で574社(2017年:596社)、CM本数で11,699本(2017年:11,680本)のテレビCMが関東地区でオンエアされました(いずれも速報値、番組宣伝CM等テレビ局のPRは除く)。

これをそのCMに出演しているタレント別にみると、出演テレビCM本数が最も多かったタレントは「ワイモバイル タダ学割」や「Indeed」などのCMに出演していた『斎藤 工』でした。

2位は「ワイモバイル タダ学割」や「ピザ-ラ」などのCMに出演していた『出川 哲朗』、3位は「東建コーポレーション(ホームメイトのサービス紹介)」や「ワイモバイル タダ学割」のCMに出演していた『桐谷 美玲』となっています。

3位の『桐谷 美玲』は前年同時期でも3位でしたが、1位の『斎藤 工』、2位の『出川 哲朗』は前年トップ20圏外となっており、今年の年始では大幅に出演CMの本数が増加していることがわかります。

またトップ5でみると、前年同時期には出演CMがなかった『竹内 涼真』が4位にランクイン。2017年の活躍が反映される結果となっています。

企業別では、前年同時期2位だった『ダイハツ工業』がオンエア数を増やして1位となっています。

2位には『東建コ-ポレ-ション』(前年同時期16位)が、3位は『バンダイナムコエンタ-テインメント』(同5位)がランクインしています。

10位の『スクウェア・エニックス』は前年同時期85位から大幅にランクアップしました。

またトップ10でみると、自動車メーカーやゲームメーカーが多数ランクインするなど、近年は同様の傾向となっているすです。

商品・サービス別では、『東建コ-ポレ-ション(ホームメイトのサービス紹介や企業広告)』(前年同時期8位)のCMが1位。

次いで2位には『コナミホ-ルディングス』がランクインしています。

トップ10には、3位『ネットマ-ブルジャパン リネ-ジュ2 レボリュ-ション』、5位『Aiming キャラバンスト-リ-ズ』、6位『ピクシブ pixivコミック』といった、スマートフォンアプリ関連の商品・サービスがランクインしていました。

なお調査の詳細については、下記のリンクを参照してください
http://www.videor.co.jp/press/2018/180105.htm

▽集計対象局:関東5局(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)
▽集計対象期間:2018年1月1日午前0時~1月4日午前0時までのオンエアCMを対象
※確定前の速報データによる集計結果ですので、参考値であることに注意が必要。