音響メーカーのBoseがARグラスの市場への参入を発表

米国の音響機器メーカーのBoseは、3月9日にプレスリリースを発表し、〝オーディオAR(拡張現実)〟プラットフォームによる拡張現実メガネ「Bose AR」とそのプロトタイプ端末を発表しました。

このプロトタイプは、3月9日から18日まで米国テキサス州オースティンで開催している世界最大のインタラクティブイベント「SXSW 2018」で披露されています。

■プレスリリース https://globalpressroom.bose.com/us-en/pressrelease/view/1905

 

このBose ARは、米国Google社が開発中の「ARCore」のようにカメラに映した現実世界に仮想のオブジェクトや文字を重ねるのではなく、代わりにBluetoothで接続したiOS/Android端末のGPS情報に基づいて、周辺に関連する情報を音で提供するというものです。

 

使用用途の例としては、空港で使えば出発ゲートの位置を音声で説明してくれたり、歴史上の人物の銅像の前に立てばその人物の有名なスピーチを再生したりするそうです。

AR機能の他に、連携するiOS/Android端末の無線イヤフォンとして音楽を聞いたり、通話したりすることもできそうです。

メガネフレームの中には各種センサーを搭載しており、音楽の再生、停止、曲とばしなどは頭を動かすことによるジェスチャーで指示できるということです。

 

今回公開されたプロトタイプのメガネにはイヤフォンはついていませんが、両側のテンプル部分に同社が独自に開発した「超薄型・超軽量・超小型の音響パッケージ」が埋め込まれており、これらが音をBoseのヘッドフォンのような音質で装用者に聴かせる機能を持っているそうです。